黄昏日記

年金生活・超高齢者の親のこと・夫退職後の生活など備忘録ブログ

いつまでも若くないと自覚しないと

f:id:kokoroo:20200116205530p:plain

去年の白内障の手術後、私の目の下にはクッキリとクマのようなものが出来て
外出する時は、ピンクのグラデーションを入れた眼鏡を掛けないと見た目が
とても悪い状態になってしまいました。

母の知り合いが、白内障の手術後、目がぐちゃぐちゃして返って悪い、
自転車に乗れなくなったと愚痴っていたのを思い出しました。

個人差があり、画期的に良くなる人とレンズを入れるのでなかなか合わない人と
いろいろいるのだろう、私は大変だった部類に入るような気がします。
術後、直ぐに眼圧が高くなり点滴、治療で4日間眼科に通ったり、歪んで見える
黄斑変性症と言われて市立病院に掛かったり、先月は目薬のアレルギー。

心の中では焦らず少しづつゆっくりと・・・と思ったり
ブログには「年取った」「高齢者になった」と書きつつも
64才から65才、65才から66才、大したことないじゃないと、
孫をオンブしたりしていたが、友達には「よくオンブできる~!」と言われたりする。
自分のことをまだ若いと思っている部分があり、過信しているところもあるようだ。

目もまだよくはなっていないのだろうが、眼鏡をかけると普通によく見えるので
一昨日はついつい、ブログ4記事も書いていました。 
韓ドラが最終回まで見てしまい他に見たい番組がなく超~~暇で時間があった。

ところが、翌日になっててき面に眼精疲労になっていた。
頭痛がするのでナロンを飲んで、パソコンは最低限にして殆どダラーーっと
テレビと金魚を眺め、昼寝をしたりしながら過ごし目を休めたのでした。

65才過ぎたらいつまでも若くないと自覚する必要がありそうだ。