黄昏日記

年金生活・超高齢者の親のこと・夫退職後の生活など備忘録ブログ

旦那の年金に感謝 子供たちの自立と親たちの年金にも感謝

f:id:kokoroo:20191230230945p:plain

この頃とても眠くて睡眠時間が長い。
午後からウトウトして寝てしまうことも多い。
これは多分、軽度無呼吸症候群からきているのかも。
虫歯治療をしてからマウスピースをはめなくなり
たまに朝、起きた時に頭痛がする時がある。

マウスピースを作ってから何年も経ち色が悪くなった。
虫歯治療をして歯の形も少し変わっただろう、来年は
新しくマウスピースを作って貰おうかと思った。
保険が効いて約6000円くらいで作れます。

今日は午後から娘が買い物に行くので孫2号だけ見ててほしいと言われた。
孫1号は買い物が好きで娘と一緒に買い物に行った。

孫2号は孫1号と一緒だとキャッキャッとお喋りをするけど
1人で家にくると本当におとなしい、静かな子で滅多に話をしない。
かと言って家に来るのが嫌だということもなく、それなりに遊んでいる。
今日は録画しておいたアンパンマンを見せたらよく見ていた。
f:id:kokoroo:20191230230116j:plain
アンパンマンを見ているうちに眠くなった孫2号。
タツの温度を最低にして寝かせたら2時間寝ていた。

明日は午前中だけ孫2人を見なければならないので
年越しの買い物は午後から行く。

施設にいる母は元旦の午後に家に連れてきて、娘夫婦と正月の食事をして
多分夜遅くなるので一泊し翌日デイサービスに送る予定だ。



今年一年、毎日備忘録を書くことはできなかったけど
それなりに書いてきて、特に辛かった9月、10月の記事を読むと
1人では無理だった、周りの人に恵まれていたと再度実感した。

旦那は仕事を辞める前は冬になったらシルバー人材センターに登録して
何かアルバイトをしたい、と言っていたが仕事をする気は全く無いようだ。
私が夕食の支度を始めて出来上がる頃になると配膳、電子レンジで温めるなど
手伝ってくれることが多くなり、2人で台所に立つ時間が多くなった。
食器洗いは殆ど旦那がやっている。
今は難解なジグゾーパズルに夢中になっていて、他に私の用事、買い物に付き合い
孫の面倒を見たり、家事炊事も少しづつ増やしのんびりとした生活を送っている。

今日は何だか総菜が多くて2人では食べきれないご馳走を前に
「お父さんの年金に感謝」と言って夕食を食べた、残りは明日だね。

テレビで年金が少なくて70才過ぎても警備の仕事をしている高齢者を放送していた。
妻、子供の為に・・とか。あ~子供さんがまだ自立出来ないのかな、
とかそれぞれ家庭の事情があるのだろう。

子供が親から離れて自立することは年金生活をする高齢の親にも大きな
メリットではないだろうか。夫婦2人なら何とか生活できるものだが
ここに自立できない子供、あるいは年金の少ない老親が加わると大変になる。
幸い私たちの親は年金が多いので年金でそれぞれ施設の費用が賄える。
子供2人もそれぞれ自立して生活をしているので恵まれたと思っている。

私にとってほぼ理想的な夫婦二人暮らしになっている。
旦那が退職して毎日家に居て大変だとか、不自由とか、生活が変わることに
苦労することもなく寧ろ良い時に仕事を辞めてくれてありがとう、の状態。

来年も同じように2人で暮らしていきたい。