黄昏日記

年金生活・超高齢者の親のこと・夫退職後の生活など備忘録ブログ

機能不全家庭で育ち祖父母に可愛がられた経験なし

f:id:kokoroo:20191214235738p:plain

もう高齢者の仲間になったので今更どうでも良くなったんだけど、
15年以上前に心療内科にかかっていた時に、機能不全家庭で育った
アダルトチルドレンと言われました。
その時も、今更チルドレンかよ~と苦笑はしましたが、実際、振り返ると
小学一年生の時に父方祖母と同居をしてから家族らしい団欒も少ない、
というより殆ど無かった。母は遅番、早番のある仕事で、父は毎日残業で
帰りが遅い、祖母は体調が悪いと言って家事炊事もせず、自分の身の回りの
ことしかしない人でした。遅番の時は母が夕食を作って仕事に行き
私と弟と祖母の三人で夕食。 食器はかろうじて洗っていた祖母でしたが
親がいないのをいいことに、孫に対して言いたい放題でした。
だからと言って、私もいちいち母に報告しませんでした。

家の空気が悪くなるか、揉めるか、言っても無視されるか、
あんまり効き目が無いと子供心に思っていたからだろうか。

学校は友達がいるので休むこともなく行きました。
考えてみると、昔は不登校の子供っていなかったなぁ。
親が厳しくて叩かれるとか、学校の先生だって叩いていた時代でした。


なんでこんなことを書くかといえば、今日は午前中は上の孫が小児科に行くので
その間、下の孫を見ていました。あんまり来ないので一緒に生協に買い物にも行きました。
下は女の子でそろそろ2才2ヶ月か。おとなしくて落ち着いて見た目も可愛い子です。
私と旦那にも懐いて抱っこが好きですが、私はオンブより抱っこの方が大変。

午後から下の子を娘宅に連れて行くと、今度は孫1号の「おじいちゃんに行く」が
また始まりました。それもオンブで行くんですから・・・
まだ孫1号の冬の長靴を買っていませんでした。娘夫婦は呑気なのか??
天気が悪いのでまたハーフ毛布を被り、スニーカーを持って連れて帰りました。
3才半なのに本当にオンブの好きな子だなぁ。

長靴を買ってやりたいのと、プリンターのインクが少なくなり
年賀状印刷中に無くなるのが嫌なので、靴屋とホームセンターに行くことにしました。
16㎝の紺色とカーキ色のデザインの冬用長靴が似合っていたので買いました。
今で丁度良いのでもう来年は履けそうもないです。
そのあとはホームセンターに行く。広いホームセンターの中で走り回って
迷子になるのかな?と思ったら、意外と注意深くなり「おじいちゃんがいない」と
どこかに行った旦那を心配し、見つけると大きな声で「おじいちゃーん」と呼んで
旦那の所まで走って行き手を繋いでいました。
そんな姿を見ると可愛いなぁ~と思います。

どんどん成長して大きくなるので、生意気な事を言ったり口答えをするような
年になったら、おじいちゃん、おばあちゃんも不要になるのかな。
と思いながら、そういう年になるまで存分に可愛がりたいと思いました。

基本、私も旦那も子供好きです。
でも、娘やパパさんが孫達を私たちに預けるのが嫌だとか、あーだこーだと
文句を言うのなら可愛がる事も出来ないだろうな、とも思いました。
多忙で疲れている夫婦は「どーぞどーぞ連れて行ってください」
「おじいちゃんの家にお泊りしたら?」と、惜しみなく喜んで孫達を預けます。

祖母はなぜ孫を可愛がれなかったのか。
小さい時も預かって貰ったことはある、と聞いたことはあるけど。
やはり同居して母との関係、父との関係が悪く、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
ここまで行ったんだろうな、と思うのでした。
思えば弟が変なのも、子供の時は放任、大人になってからは甘やかし、
親の責任も大きいのかな~と思う時があります。

母の両親も早くに亡くなって顔も見たことがない、父方の祖父も30代で亡くなったそうで
見たことがない、私は祖父母に可愛がられた経験ゼロなのでした。