正直首里城全焼より実家の全焼の方がショックでした

f:id:kokoroo:20191103194810j:plain

首里城全焼のニュースは大きく取り上げられ支援金も集まっているそうです。
縦に長い日本、あまりにも離れていることや首里城に行ったことがない、
幸い犠牲者もゼロでしたが、建物が物凄い勢いで燃えて落ちる映像を見た時に
「燃えてる~焼け落ちる~!」とは思ったものの、ほぼ一日程度で私の頭の中から
首里城のことは消えていた。すみません、思い入れが少なくて。
沖縄に住んでいる方、思い入れのある方との違いだと思います。

私の実家も貰い火で全焼した。
連絡がありドタバタと駆け付けた時、両親が茫然と家が燃えるのを見ていたが、
父はパーキンソン病で立っているのもやっとだったので、直ぐに家に連れて帰った。
なので実家が焼け落ちる所は見ていないが、一応地方限定ニュースで映像が放送された。
ほんの数十秒の映像だけどショックでした。


ショックだったけど、着の身着のままで逃げた80代の両親の生活の世話と
生活再建の為に動き回りる日々で、両親がようやく借家に移ったあと、私は
風邪を引いて熱を出して寝込んでしまいました。

火災、水害で家を流される、などの被害は建て替え、新しく買えばいい、
それだけではないことに気付きます。
両親の子供の時からの貴重な写真、私の赤ちゃんの時から高校の卒業アルバム、
振り袖などの着物、お雛様、等々もう見たくても見られません。

避難勧告が出たら何を持って行くか。

私は毎日飲んでいる薬と、今使っているノートパソコン、外付けHDDを持って行く。
デジカメを買ってからの約20年、いろんな画像、動画ファイルが入っているんです。
Windows8.1のパソコンは動きも悪くなり、目に悪く使う予定がなくなったので
パソコンの中に入っているファイルを外付けHDDに移動しようかと思った。
この外付けHDDも壊れる時があると聞いたので、もう一個買おうかな~(^^)