悠々自適の年金生活者と言われた( ゚Д゚)

f:id:kokoroo:20190531012439j:plain

母はかなり認知症が進んでいます。
施設で朝昼晩3回食事をしているのに、1日に1回しか食べていないと
言っては、おやつの差し入れを頼まれます。
今は職員に一気に全部食べないように、適宜に出してくれるように
お願いしました。来月は母の介護認定期限切れで、施設で会議をするのに
私も参加することにしました。
おそらく、要支援2から介護1、2程度にはなるんじゃないかな。

先週は叔母の三回忌に旦那と2人で行ってきた。
高齢による体調不良、遠方で来られない方が多く
少人数での法事でしたが、87才という高齢で亡くなったので
自然と法事に出られる人も少なくなります。
現に去年の一周忌には出席した母は今年は行けませんでした。


法要が終わり料亭で会食をしましたが、旦那が一番の高齢者で次が私。
年金生活者は我が家だけ。どんな生活しているの?と
従姉妹の娘さんから聞かれ、
好きな時に寝て好きな時に起きて適当な生活をしているよ、と言うと
私の隣に座った住職から「何時頃起きるんですか?」と聞かれ
「うーん、その時々で8時になることもあります」と言うと
「あ~~羨ましい、引退しない限り8時に起きる生活はできないなぁ」
と言われました。確かにお寺は朝もお経をあげたりするんでしょうね。

たまに曜日感覚が無くなって、土曜日、日曜日、間違う時がある。
毎日が日曜日みたいなもので、うちらプータロー夫婦だから・・・
と言うと、娘さんから「あ~羨ましい 私もそういう生活したい」と言われました。
これと同じことは、30代のピアノの講師からも言われます。

挙句の果てに従姉妹から「悠々自適の老後、年金生活だよね」とも言われた。
そうかなぁ~? 悠々自適なのかな~? と思ったが考えてみると
今のところ、今のところ(2回書く)お金に困る事はない。
ギリギリの生活で節約をしているわけでもなく、だからといって
2人で旅行、食事、遊びに行くこともない、至って淡々とした生活を
しているだけですが・・・物が増えるのが嫌なので余計な物は買わなくなった。
特に私の衣類は肌着程度で殆ど買わずに済んでいる。
以前のような物欲が段々無くなっているので、お金を使うことも少ないのかも。
傍から見ると貧困でもないので、この程度の生活でも悠々自適な年金生活
入る時代になったのかもしれない。
そういえば、旦那の秋冬物ジャケットをクリーニングに出そうと思い
内ポケットの中を見たら、旦那のへそくり通帳が入っていた。
年金メイン生活にしてから、一度も見せたことのない旦那の給料が入っていた
通帳です(笑) 2年半くらいかな、そこそこ貯めていました。
旦那は私よりお金を貯めるのが上手い。
元に戻して知らんぷりをして、そのうちクリーニングに出すよ~と言う予定。

そういうことで、スカパーに毎月7000円も払い、ピアノ教室に行ったり
好きな物を食べて好きな時に寝て起きて、悠々自適な生活なんだろうな(笑)
私一人でこういう生活は無理なので、旦那には私より長生きしてほしい。
お金だけじゃなく、夫婦仲が良いことも老後には重要なことだと思います。