目が悪くて夜のパソコン、ネットが辛くなった*白内障と生命保険

このブログはほとんど Google ドキュメントで音声入力をしています。
備忘録、日記系なので音声入力で書けます。
昨日は目の調子が良くなくて、パソコンの画面を見るのが辛い状態でした。
特に夜の照明とパソコンの灯かりが眩しくて見えにくかった。
これは、白内障が進んでから出てきた症状です。

今年に入ってどんどん症状が進みました。
日が長くなって明るい時間が多くなって、進行しているなと気がつき
最近は、日中パソコンする時は、カーテンを半分くらい引いて薄暗くして
パソコンをすると普通にパソコン、ネットができます。

f:id:kokoroo:20190510203036p:plain

手術まで3ヶ月以上あり、長いな~と思っていたら、母を理容店に連れて行った時、
理容店の先生が手術した時は2年待ちと言われ、他の眼科にかかって片目だけ手術
したと言っていました。なので、4ヶ月待ちはまだいいほうだと言われました。
2年も待てとは、耐えられない。


ところで白内障の手術で生命保険からお金が出ると思ったら、
私が入っている生命保険は昔の郵便局の保険しかなく、
入院5日間で手術だと保険が出るのでした。
他の生命保険だと日帰りの白内障手術でも保険金が降りるみたいです。
生命保険も旦那の幼馴染から勧められ入ってはみたものの、私は幸いなことに、
親知らず抜歯で8日間も入院してしまった時に1回保険金が降りました。
旦那も若い時に痔の手術で入院したとき以後、幸いなことに保険を使っていません。

生命保険金をかけた方が得なのか、貯金した方が得なのか。
人の体はわからないので、損得では分からないことがあるなと思います。
義弟の場合は十分に保険の恩恵を受けたケースですが、その分痛い、苦しい思いをして
働きたくても働けない状況になってしまいました。

娘夫婦は二人でそれぞれ終身保険に入ったそうです。
それでもいいんじゃないかなと思いました。

10年くらい前に疎遠にした知人は、 生命保険が大好きで貯金代わりに
生命保険に入っていると言っていました。
いつも、自分は高血圧に糖尿病があるので長生きできないからと言い
国民年金も同じような理由で60才から繰り上げ受給をしていましたが、
70才過ぎてもまだまだ死にそうにない状態です(笑)
そのうち生命保険も満期になって、支払った金額より少ないお金が残るだけ。
旦那はだから保険なんだと割り切っているらしい。

と、 ここまでパソコンを見ながら音声入力をしていましたが、
また目が疲れたような感じで、ショボショボしてきました。
やっぱり夜はパソコンは自制のようです。
f:id:kokoroo:20190510203129p:plain