施設への搬送がほぼ終わった*最近涙もろくなった

f:id:kokoroo:20190419151338j:plain

今日の午前11時から午後1時までの間に、昨日買ったテレビを
配送するとの連絡があったので、 10時頃から施設に持っていく物を
車に運ぶことにしました。
旦那が荷物が多くないので軽自動車の後部座席を倒して運べそうだと言うので、
入れてみたら本当に軽自動車に積み込めました。
11時ちょっと前に施設に着いたと同時に、配送車も来てテレビを設置して行きました。

タンスなど荷物は職員の方も手伝ってくれました。
下見に行った時には6畳くらいの部屋かな、と思ったのですが、
備え付けのベットの他に、タンス、テレビ台、 パイプハンガー、
小さいボックス棚を置いても、母がトイレや洗面台に行くのに
ゆったりと歩いて行けるスペースがありました。
やっぱり家具、物が少ないから広く見えたのかなぁ(笑)
今日でほぼ荷物の搬入は終わり、リハビリ病院にあるものを持って行き、
置くもの、持ってくるものを選別する作業が残っているくらいになりました。

施設の中は左右に部屋があり真ん中が食堂のような広いスペースになっており
テレビも1台壁にかかっていました。
7人くらいのお年寄りがいて、椅子に座って新聞を読む人、3人くらいで固まって
話をするおばあさん達、1人で車椅子に座りボケーっとしている人もいました。
デイサービスに行って留守の人たちもいたでしょう。

何と言うかゆっくり時間が流れていく特殊な空間に見えました。
浮世離れした空間というのかな~~(^^;)
母もこの空間や同じ施設のお年寄りたちに早く慣れていって
くれたらいいなと思いました。


帰りはお昼近かったので久しぶりに外食しました。
と言ってもラーメン屋ですが・・・(苦笑)

その後、 連休前まで半額セールをしている友の会の店によって
母が使うタオルケットを買いました。
全部の物に名前を書くとき、 タオルケットを見たら父の名前が書いてありました。
何年も前に買ったタオルケットで、若干くたびれたようなタオルケットだったので、
汚れの目立たないような可愛らしい柄のタオルケットを買って帰りました。

帰宅すると、Mさんから電話がありました。
母の住所が23日から施設に変わることや、 今度着くケアマネさんは
Mさんと同じように、母が通っていたデイサービスで働いたことのある方で、
多分母もケアマネさんの顔を見たらわかるだろうと言っていました。
私は最近、Mさん含め、新しいケアマネさんからの電話連絡など
〇〇会の職員と話をすると、感謝で涙が出てくる事があります。
他にもCS宝塚を観ても貰い泣きしてみたり、涙もろくなってしまったみたい。

お金の話。
母関連での出費がそこそこあるけど、テレビ本体以外は社協に請求しないことにしている。
旦那が、1万円以下の物まで請求するのは…と渋るような事を言うのです。
その為、今月は24〆まで5日あるのに10万円超えそうです。
ま、母関連の出費も毎月じゃないので良しとすることにした。

4月から年金受給が始まるので、個人年金は2月で終了かと思っていたら、
4月で最後、ブラス利息も入れたお金が振り込まれていました。
個人年金額は少なかったけど、6月からは本当に支給が無くなるんだな~と思ったら
少し寂しい気がしました。年をとった寂しさだろうか。