黄昏日記

年金生活・超高齢者の親のこと・夫退職後の生活など備忘録ブログ

節約できないもの*貧乏の連鎖を感じた(苦笑)

遅く起きた日曜日。 遅い朝食をしている間に旦那は
灯油購入とガソリンをつめにセルフGSに行った。

行く前に「1万円持ってない?」と聞かれ、持っていたので
1万円を渡したが、あ~~今まで灯油代、ガソリン代は
旦那のお金で払っていたな、退職したら灯油代も年金から支払いになる。
聞くと1ヵ月に約1万円は買っているらしい。

2人で韓ドラにはまっていた時は、ひとつの部屋でCSを見ていたので
灯油代もそれほど掛からなかったけど、私が韓ドラに飽きて
別部屋のテレビにCSを入れてからは、一日のうち一緒にいるのは
晩ごはん、休みの時は昼ごはんの時くらいで他は家庭内別居みたいな
状態で寝る時間もズレているからなぁ。
それぞれ暖房、冷房費用が掛かることになる。
だからといって、今更一日同じ部屋にいるのはお互い苦痛だし。
冷暖房費は節約対象外になる(苦笑)


私が遅い朝食を済ませたあと、旦那とリハビリ病院に行く。
母は元気で食堂でタオルを畳んでいました。
左手リハビリとお手伝いになるんだろうか。
転院した当初はとろみのあるほうじ茶で美味しくないと言っていたが、
今はとろみのないお茶になった。他の人が飲んでいるコーヒーを
飲みたいと言っているので買ってきてくれませんか、と職員に言われた。

えっ、缶コーヒーとかペットボトルに入ったコーヒーですか?と
聞くと、お湯を注いで直ぐ飲める一包一回になっているスティックタイプの
コーヒーでした。箱にそれぞれの名前が書かれていました。
f:id:kokoroo:20190217222410j:plain

リハビリ病院に近いスーパーに行って買って、またリハビリ病院へ。
そのうちお昼になり「また来るからね~」と病院をあとにした。

どうも母は喋るのが面倒くさくなったようで、身振り手振りが多い。
言葉のリハビリもしているけど、脳梗塞の後遺症なんだろうなぁ。
それ以外は他の患者さんたちに比べたらかなり軽い症状なので、
退院予定4月よりは延びないと思いました。

帰宅して簡単にうどんを作る。
予め茹でてある細麺うどんで、豚肉約200円、細麺うどん2人用約160円、
小さい油揚げ半分で約30円、マイタケ1/3で約50円。他にネギと乾燥岩海苔を
うとんに乗せる。昆布つゆ、調味料、ガス代など入れて合計500円くらいかな。
2人で500円は外食するよりかなり安い。
節約系年金生活者にとって外食は天敵のようでもある(笑)

昨日の晩ごはん用に作った、里芋、人参、コンニャク、厚揚げを昆布つゆと
味の素のほんだしで煮込んだ総菜。
量が多かったのでタッバーに入れて娘にあげようと保存したものを持って娘宅にいく。
娘もパパさんも田舎っぽい煮物総菜が好きで、孫達も食べるらしい。

案の定、行くと直ぐに孫1号から「おじいちゃんにいくから」が始まった。
以前は「ジジいく」から「おじいちゃん」たまに「おじいさん」と言うようになった。
「こんにちは」「こんばんは」の挨拶とお辞儀もする。進化しています。
今は孫2号も置いて行かれるのが嫌で泣きべそかくので、2人つれて帰る。

それから3時間半ほど、旦那と孫守りで疲れた~~(*_*;
孫達が帰ったあとはコタツで寝ていました。

孫守りをしている間、娘夫婦は2人で「しまむら」に行った。
いやはや~~子供が生まれる前の2人は「しまむら」とは縁の無い状態だったのに
年子を育てるのは経済的にも大変なのだろうとお察しです(双子も大変そうです)

知り合いのお嬢さん、旦那さまは都市にある一流企業にお務め、そのお嬢さんも
正職員ではないけどフルタイムで働いている。経済的にも不自由しない、
旦那様の給料で十分生活できて専業主婦もできるけど、結婚して10年以上。
子供は作らないと言っている。知り合いは孫が欲しいけど、お嬢さんに
強制はできない、妊娠できるリミット40才近くなり諦めているそうだ。
ちなみにその知り合いも年金生活だけど、我が家と違い悠々自適な生活をしている。

貧乏の連鎖を感じる我が家と娘夫婦(^^;)
知り合いは「お金だけじゃないんだよね」と言っていました。
確かに!お金だけじゃないけどお金が無いのも大変なのです。