弟から通帳を取り戻し肩の荷が降りた

今日は生協のスタンプデーなので買い物に行った。
そのあと、菓子店で上生菓子5個買い友達を誘って母のいる施設に行くつもり
だったが、友達が留守だったので1人で行った。
弟が27日に帰省するとのことなので、1人で行けたけど27日以降は
最低でも旦那ともう一人くらい居ないと行けないような気がする。

外から少ししか見えなかったが隣接しているデイサービスで
クリスマス会をしていたようでした。
軽快な音楽が流れ、お年寄りたちが椅子に座っているのが見えました。

施設に入り母の部屋をノックして入ると、母はベッドで寝ていました。
具合悪いのかな?と思ったら、横になりたくてベッドに寝ていたそうで
テレビもベッドに向けていました。
買っていった上生菓子を食べながら、暫しお喋りをしました。
母は「まだらボケ」のような状態で、特に最近のことをよく忘れるようだが、
話をすると「ああ~そういえば・・・」と断片的に思い出します。
母は曾孫たちにお年玉をやりたい、と言っていたので
正月に連れてくるとは言いました。で、お金はあるの?と聞くと
「通帳は誰が持ってるだろう?職員に聞いてみるか」と言う。
母では直ぐ忘れるし、私がケアマネに聞くことにした。

弟が借家を1月いっぱいで解約すると言っていたことを教えると
「解約した方がいい、その時は自分の荷物を持ってきてほしい。
タンスとかいろいろ」と言うので、重たくて大きいタンスは処分して
衣装ケースを3、4個買ってくるから、それに入れてクローゼットで
いいんじゃないか?と言ったら、それでも良いからそうしてくれ、
とのことだったが、弟はどうするのか?


そのうちお昼になったので、一緒に食堂に行く。
ゆったりしたテーブルに名前が書いてあり、座る場所が決まっていた。
他の3人も母と同じような年齢だそうで、90代でも元気いいなぁ。
朝、昼、晩の3食のうち、一番量が多くお金も掛かっているのが昼食で
母はお粥だけど、総菜も全部食べていました。食事はいつも美味しいとか。
義母もグループホームに入ってから顔色が良くなった。
こういう施設に入ると長生きするのも分かるような気がした。( ゚Д゚)
f:id:kokoroo:20181220211736p:plain

12時半頃からケアマネと面談をする。
通帳のことを聞くと、施設から自立支援事業、社会福祉協議会のような
ところ(正確な名称忘れた)で保管し、母には毎月1、2万円の
小遣いをやれる範囲でサービスをするとのことでした。
施設の方でも通帳がなければ安心して入居できませんと言うことは
年金が入る通帳が保証人代わりのようなものだったのかも。
あれだけ母の通帳に執念深かった弟がよく通帳を渡したと思いました。
背に腹は変えられなかったということか・・・

弟から、施設を退去する、解約するなどのメールがきてとても心配していた、
もし、弟が解約したらどうするのでしょうと、メールまで見せましたが
「無視したらいいと思います」と拍子抜けするほど簡単に言われました。

来月から隣接するデイサービスに通い、今までのヘルパーさんも今月で終わり、
全部、母が入居した高齢者住宅系列の事業所に変わり(こういう所はしっかりしてる)
ついでに、包括支援センター扱いでなくなるのでケアマネも変わるそうです。
同じテーブルで食事をしていた他の3人も隣接するデイに行っていると
言っていたのと、母も来月から隣に行く、とその気になっていました。

とにかく弟が年金の入る通帳を持っていない、母の元に戻った。
これで肩の荷がかなり軽くなりました。
今まで散々母にタカリ、母も出していたがもう無理。
タカル相手がいなくなり、母の貯金も使い果たしお金が無くて
私に八つ当たりのメールだったのだろう。

後は弟がスムーズに借家を引き払えるか?
自分の必要な物だけ持って行き、後は放置するのでは?と旦那が言っていたが、
それもあり得る、処分するにもお金が掛かることだし。
その時は仕方ない、我が家でパパさん、旦那に手伝ってもらい
軽トラに乗せてゴミ処理場に持っていくしかないだろう。
とにかく何もかもスッキリしたい。

帰宅し簡単に昼食、安堵と疲れて眠いような状態になり
ぐっすり寝ていました。