私も年を取ったが掛かりつけの内科医も年を取りました。

昨日は旦那が休みだったんです。
まだ小さい子のいる職員の代わりに金曜日休んで土曜日仕事も、
旦那のような人には頼みやすいのでしょう。
うちは子供はいるけど、2人アラフォー、おじさん、おばさんで、
家にいないし、居るのはなんだか手のかかる私だけだもんね(*_*;

来週の金曜日も休みで土曜日出勤でした。
多分、来週はクリスマスプレゼントを買いに行く親子が多いんじゃないかな。
そういうワケで会社にとっても旦那のような自由の効くプチ高齢者は
居ると助かる存在だろうな、と思いました。

そこで、来週の金曜日に旦那から送り迎えしてもらい、
掛かりつけの内科医で胃カメラの検査予約を
しようかと電話をしたら、誰も出ません。
あれ? 休みなの? 今までは土曜日も診察していたのに・・・と、
診察券を見たら、診察券が新しくなっていて裏側に診察のスケジュールが
書いてありました。
なんと、土日祭日休み、オマケに木曜日は半日で診察終了と書いてある。


f:id:kokoroo:20181215232502j:plain

考えてみると、私も30年以上なんだかんだとお世話になってきて
私も年を取ったけど、医者も年を取ったんだよね。
開業してほどなく掛かった医者で、私より6~7才は上だろうから
70才過ぎているのかもしれない。
口が悪くてあまりにも率直に言うので、離れていく患者もいたらしいが(笑)
胃カメラ検査は上手いとの評判があり、口コミで患者も増えていきました。
以前は予約無しで食事をしなければ当日に胃カメラ検査し当日に診断。
ポリープなどあれば癌細胞検査で1週間後に結果を聞きに行く。
大腸の内視鏡も上手いらしいのと、見逃しが無いので市内でも名医と呼ばれている。
なんたって超音波エコー検査で、子宮筋腫卵巣嚢腫まで見つけて
市立病院に紹介状を持たされた女性もかなり多いらしい。
娘も胃の具合が悪くて我慢できず、胃カメラの検査に行ったのに、
腹部エコー検査もしてもらい卵巣嚢腫を見つけて貰った。
娘はどーしても胃カメラも飲みたいと言って飲んだらしいが。
それと、薬も最小限しか出さないのが良い。

医者の不養生という言葉があるが、掛かりつけの内科医は
もう無理をしないことにしたのだろう。
週休二日で身体を休めたり、勉強もかなりするらしいので
勉強をしたりするのかな。

市内の開業医も高齢、後継ぎがいない、いても県外、都会の病院で
仕事をしている、などで辞めてしまう開業医が増えてきた。

私は今の掛かりつけの内科医が辞めたら、次はどこに掛かれば良いんだろう。
新しく開業する医者もいるんだろうけど、できれば掛かりつけの内科医には
長く診療を続けて欲しいと思っている。

今日は午後から喉が痛くなってきました。
久しぶりに風邪を引いたかな?と思い、早めに夕食の支度をしていると、
旦那が帰ってきて、自分も喉が痛いと言う。
誰からうつったのだろうか?それとも寒くて風邪気味?
明日、熱を出して入浴できないことを想定し、早めに夕食、入浴を済ませた。
旦那は9時でもう寝ると言っていたけど、私はまた宝塚を見てしまいました(^^;)
時間も遅くなったのでそろそろ寝ます。