喪中欠礼葉書が届く時期になった

f:id:kokoroo:20181121214303j:plain

心療内科に行くのは2ヵ月に1回。
それから面倒くさくなっているのは症状が安定しているからだろう。
一昨日、薬が少なくなっていたので、まだあるはずだと
引き出しを見たら、薬袋が無いっ!てことは、残り一週間持たない。
これはアカンと昨日、いつも空いている時間帯の午前11時に医院に行った。
ところが、駐車場は車の置き場が無い、空いている場所に適当に
置いている車が多く、私も適当に置いている車のうしろに駐車する。
診察室に行くと、玄関が靴で溢れていて「待ち時間 1時間~1時間半」の
お知らせが置いてあった。
あ、これは駄目だ、明日にしよう~と早々に帰ってきました。

で、本日10時過ぎに再度心療内科に行く。
幸いなことに車を置く場所もあり、すんなり駐車できました。
これなら大丈夫、早く終わる、と思ったら自家用車利用じゃない人、
タクシー、送ってもらった、こういう人達が待合室に結構いたのでした。
それでも1時間待ちのお知らせも無かったのと、何度も来るのが
嫌だったので我慢して待つことにした。
心療内科って長い人は長いんだよね。
私なんか5分程度で終わりなんだけど。
結局、2時間くらい待ってやーーっと診察でした。

なんでこんなに混むのか、2ヵ月に1回しか行かないので
知らなかったけど、先週一週間医者が学会出席で休診していたのでした。
結構、海外に行く医者だから今回も海外に行ったんだろうと思った。
次回の投薬、診察は来年だな。一年は早いわ~(*_*;


喪中欠礼葉書が来る時期になった。
今年も既に3枚来ています。3枚私宛でした。
1枚は高齢の方が亡くなったので、ふむふむ・・・でした。
1枚は先日会った友達からで、会う前に喪中欠礼の葉書が届いた。
その時、おっ! いよいよ100才のお姑さんが亡くなったのかな?と
思ったら(義弟です)と書いてあった。
亡くなったのは他県に住んでいる旦那さんの弟で、享年68才だった。
長兄と住んでいる100才のお姑さんは、まだ元気だとか。
喪中欠礼葉書出したら誰でも姑だと思うだろうね、と笑っていたが、
同居している友達の義兄さんは77才になったそうで、
その義兄さんが、母親が想定外に長生きし過ぎて
最近憂鬱、落ち込むこともあるらしいとか。
なんか気持ち分かるわ~~。80才近くなって親の葬儀出すのはしんどい。
葬儀は葬儀屋が至れり尽くせりで取り仕切ってくれるから良いけど、
その後の四十九日、一周忌、三回忌、これらは葬儀屋じゃなくて
自分で会食の場所を確保したり、いろいろやることが多いからなぁ。
我が家も他人事じゃないわ、義母が元気で100才まで生きそうなので、
すると私は70才過ぎる。今でも老化現象が出ているのに・・・
あ、義姉が取り仕切るだろうからお任せ、先の事は考えないようにしよう。

もう一人は高校の友達で関東に住んでいて、もう20年以上会っていない。
生存証明のように年賀状を出しているが、ご主人が亡くなったそうだ。
友達より10才年上なので70代半ばでした。
彼女は他県に住んでいるため、舅姑、実父実母の介護も無しで
全員見送り、ご主人まで見送った。老々介護無し。
100才の姑、親持ちもいれば、こういう人もいるんだな~~。

私は私より旦那に長生きして貰いたい。
実際、そうなるような予感はするけど。