返せ返さないの繰り返し、結局残高約38万円しか残っていなかった

f:id:kokoroo:20180809215248j:plain

昨日の続きです。

私が「もし弟が貯金を全額降ろしていたら、葬式どころか
介護施設、老人ホーム、その他、長期入院になった時の
お金はどーするんだ! 野垂れ死にでもするのか?」と
言ったら、母が弟に電話をする、と言って弟の携帯に電話をした。

「通帳返してくれ、通帳がないと寂しい、心細い、
11日、盆で来た時、通帳返してくれ」と言っていた。

耳が遠い母は、電話はスピーカーフォンを使うので弟の話も
聞こえてくるのだが、返事は
「なんで急に・・・返さない、駄目だ、返さない」の返事だった。

それでも母は
「通帳は自分の通帳だから、返してくれ、誰の通帳でもない
自分のだから自分が持っていたいから、盆で来た時返せよ」と
電話を切った。 が、直ぐに弟から電話が来て

「約束が違う、通帳は返さない、葬式出してやると言ったじゃん。
姉ちゃんにやるのか?」と言っていた。

母は興奮していたのか、よく聞こえなかったのか

「葬式はまだいいから、通帳返してくれ」すると弟が逆キレ・

「じゃあ、俺はなーんにもしないからなっ!」

「うん、いいから通帳返せよ、持ってこい」と母はまた電話を切る。

すると、また弟から電話が来る。

「返さない、返せと言うならお盆に帰らない」

「帰ってこなくてもいいから通帳は返せ、自分の通帳だーー」と
また電話を切る母。これ以後は弟から電話が来なかったらしい。

私は父方の従姉妹に電話をして、母が弟に通帳を渡したこと、
弟が返さないと言ったことを教えた。

そこで、少しでも残っているかもしれないから明日月曜日に
ゆうちょ銀行に母を連れて行き、通帳の凍結と再発行をした方が
いいのでは?との話になった。

返さないって事は、全部使ったのかもしれないから気落ちしないように
とも言われた。 母と弟のやり取りを聞いて既に気落ちしていたし、
弟だけでなく、母にも呆れて開いた口が塞がらない、ガックリていた。

帰宅してから昵懇にしている友達に愚痴ったりもしたけど、
とにかく明日、ゆうちょ銀行に行くから。
全額使われていたらショックで倒れるかも、と言ったら
それだけは止めてくれ、倒れそうになったら直ぐ呼んでくれと言われた。
こういう姉が欲しかったな・・・・

翌日、前もって電話をして、必要なものを聞いて
母が通帳を作ったゆうちょ銀行の支店に母と一緒に行く。
よく利用する支店なので、店長とも顔なじみになっている。
店長も職員も物凄く心配してくれて、残高を調べるには通帳凍結をするので
良いかと聞かれ、勿論!凍結して調べてくださいとお願いした。

出てきたのは、普通預金の残高約12.000円。
定額貯金はATMで降ろせないと思ったか、手つかずだけど37万円。
結局、数百万円あった通帳の残高は、約38万2千円。

7月に駅前支店で20.000円降ろしている、までしか調べられないので
仙台支局に書面を送って1週間くらいで、貯金引き出し履歴と再発行する
通帳、カードを送ります、と言われた。

気持ちはもうどうでもよくなっていました。
怒涛のような疲労感と母に対する怒りでいっぱいで
もはや顔もみたくない状態になっていました。

疲れたので今日はこれで、また続きます。

よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村
 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村