今日ほど親子でガッカリしたことはないかも

今日も朝からサッカーW杯関連で、どのテレビ局も大騒ぎ、
熱狂している様子を映しているけど、サッカーにも興味の無い私は
どのチャンネルをつけても「サッカー、サッカー」で、いささか
ウンザリでした。でも、あれだけ熱狂できるって羨ましいかも。

私には熱狂できるものが無いことに気が付きます。
毎日、毎日、淡々と生活して、さほど楽しい事も無いなぁ。

60代のブログ村に登録はしているけど、同年代の方のブログは
はてなブログに書いている方のみ、2人くらいで、他は
時間も無いのと、羨ましくなるのが嫌で読まない(笑)

海外、国内旅行、グルメ三昧に趣味を楽しみ悠々自適な同年代。
お金と時間と体力の3つが揃わなければ出来ない。

私に一番無いのは体力、次にお金、そして時間かな・・・

私のように、何処にも行けず外食も滅多にしない、趣味は
ブログとやーーっとピアノを再開して、あとはダラーーっと
録画したテレビを観たり。母や孫の世話、旦那の用事に付き合ったり
自分より他を優先しながら、年金生活で節約、節約と言いながら
生活をしている、産まれ落ちた時からそういう運命なのかなぁ~と
思いながら狭い世界の中で暮らしている。


f:id:kokoroo:20180625224911j:plain
今日は、母を市立病院に連れて行った。
9時半予約なので、9時前には家を出て実家に行く。
今日は抜歯して貰えると母と喜んでいたのに、診察では
内科の抜歯して良いとの手紙を見て、来週の木曜日に抜歯しましょう。
と言われ愕然としてしまったのでした。

医師には、どうして今日抜歯できないのかと、かなり問い詰めましたが
抜歯は午後からで、予約で満杯。最短が来週の木曜日と言われた。

10日も先では、母が弱ってしまう、と言っても
入れ歯を入れないで食事するとか、食べ物を工夫する、
もし、どうしても駄目なら入れ歯を作った歯科医に行って
入れ歯を削って貰う事も有り、等々言われるだけで
無理なものは無理、と言われてしまいました。

これだから市立病院は嫌なんだよな・・・時間が掛かり過ぎる。
母が若ければ、掛かりつけの歯科医で抜歯するだろうけど、
何しろ超高齢で高血圧の狭心症持ちでは、市立病院しかない。
市立病院では抜歯後も、定期的に何度か通う事になるとも言われた。

がっくりした私と母は帰りに掛かりつけの歯科医に寄って
入れ歯を削って欲しいことを言ったが、抜歯の日が決まっているのと、
削ってしまうと、今度は抜歯後に入れ歯が合わなくなるから
我慢して欲しいと言われた。
結局、抜歯まで10日間待つことになった。

こうなったら、入れ歯を入れないで食べられるもの、
入れ歯を入れないで食べる練習をするしかないと気持ちを切り替える。

2人でスーパーに寄って、裏ごしされたパック入りコーンスープ、
プリン、ヨーグルト、卵豆腐、柔らかい惣菜、ヤクルト、キャラメル
バナナ、等々買って実家に帰る。
スーパーでは他にも冷ややっこなどもあるのに、母が食べたくないとか
宅配弁当は今はストップしているので、ペースト状の宅配もやるので
それに替えたらどうか?と言っても、それも嫌だと言う。
結構、我がままだと思った。

私が親知らず抜歯で入院した時は、序に抜歯した左側が難抜歯になり
やーっと口を開けられる程度、口の中も切れて8日間も入院した。
その間、毎日ペースト状の食事を続けていたが、食べられない時は
仕方ないと諦めた。パニック障害が酷かった時も、諦める事が多かった。

今まで入院したこともなく、病気慣れしていない母は
どこかで折れて諦める、こういうことが出来ないのだろうか。
とにかく、10日間は抜歯できないのだからと、言い聞かせて
入れ歯無しで食事をする練習を今日の昼から始めた。
私は帰宅してから疲れが出てバッチリ昼寝をしていました。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村