地方に住んでいてもお金は掛かる、無駄に出歩かないのが一番の節約だと思う。

どこでどうやって見つけたのか、わからないけど
記事のアドレスだけはメモしておいた。

HNフーテンさんの「どこかにいきたいなぁ」ブログの
1年半以上も前の2016年8月14日の記事で

*田舎で国民年金だけで生活すると貯金ができる
http://www.futen.xyz/entry/2016/08/14/072454www.futen.xyz

読んだ時は「なるほどぉ~」と思いました。

画像を見ると、市街からかなり外れた「ド田舎」の部類じゃないかな?
私もよく地方の田舎に住んでいる、と書いているけど
ここまで田舎じゃない、一応市内だから(笑)

そしてお金が貯まるご夫妻の年齢が80代ってことも
お金を使わない=お金が自然に貯まる原因かな、と思った。

多分、インターネット、スマホなどやらないので
通信料は固定電話代くらいで済んでいるだろう。

畑を作って半自給自足、あまり外にでかけない。
趣味、楽しみは花を育てること。

昔の「晴耕雨読」な生活をのんびりと営んでいる
高齢夫妻の様子を彷彿とさせられました。

かといって、私にそのような生活ができるか?と問われれば
即答で「できません」なのです(^^;)

スポンサーリンク



最低でも、インターネットができないと退屈で仕方ない。
それと、CSも入れて洋画、洋ドラ、韓ドラを観たい。

旦那なら、畑が好きだから良いけど、私は土仕事は苦手だ。
花を植えても下手だから、旦那に植えて貰って見て楽しむだけ。

f:id:kokoroo:20180323162149j:plain
運転できる年齢までは軽自動車でも軽トラでもいいから一台は車が欲しい。
通院、急な病気、自給自足では不足な買い物もしなければ。
田舎に暮らすには車が必要になる。

と、考えるうちにあれもこれもと欲が出てしまう。

田舎は田舎でも、ド田舎の山村に住む80代高齢者と
地方の市内に住む60代半ばでは、環境と世代のギャップがある。
80代では生命保険も払い終えているだろう。
見えないお金も結構、掛かっている。
私の終身保険はあと1年、65才になると掛け終える。
もう1本は75才まで掛け続けるのだが、1本でも減るのは嬉しい。

他に、まだ旦那が働いているので国民健康保険と市民県民税
2つプラスしてかなりの支払いになる。
こういう、目に見えない出費を入れると月に25万は欲しい。

このお年寄り夫婦のような生活もいいな!とは思うけど
私には現実はできないので、年金からお金を貯めるのは大変だ。

今月は無駄金を使わなかったつもりだけど、
美容院、春彼岸用の花、彼岸供養料など出費が出た。

都会に住む人から比べたら、お金は使わないとは思う。

先週、美容院に行った時、隣に座った70才くらいの方が
関東の都会から地元に帰ってきたんだそうです。
やっぱり田舎はのんびりして静かでいいわ・・・と
都会に住む友達と電話で話をしたら、
「デパートがなくてお気の毒だわ~」と言われたとか。

確かに、イオンモールはあるけどデパートは隣市に行かないと無いし
そのデパートだって都会のデパートに比べたら、犬小屋みたいなもんでしょ。

私はグルメじゃないので食べ歩きすることもないし
市内にはデパートも無い、大型ショッピングモールの地方で
よく見かけるイオンに行くのもバイパスが苦手で運転が億劫だ。
娘が独身の時は、たまに2人で行っていたけど、今は滅多に行かない。
序に、旅行にもここ7年は行っていないかも。

元々が年収の少ない地方なので、少なければ少ないなりの
生活に慣れてしまうのかもしれない。

これで、食べ歩き、デパートで買い物、旅行と動き回っていたら
2ヵ月に1回の年金を1ヵ月で使っているだろうな((((;゚Д゚))))))) 

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク