黄昏日記

年金生活・超高齢者の親のこと・夫退職後の生活など備忘録ブログ

ワンコイン医療費の後期高齢者*昨日の続き 母の思い付いたことに呆れる

昨日の続きを書きたいと思いますが、最初に今日の事から。

ここ数日、寝ているのに眠くて眠くて仕方ない。
これは睡眠時無呼吸のせいではないだろうか。
私が自分で長生きできないだろうと思う原因のひとつで
睡眠時無呼吸があると、ない人より5年寿命が短いそうだ。

今日は午前中、心療内科に行ってきた。
8週間分貰うので、その間に娘が出産、産後の世話などで
疲れたけど何とか乗り切って、山を越えたことを言い
3分程度で診察終わり、診察料金1410円。
薬は院外処方になったので薬局から3850円。
8週間分で約5300円ほど。1ヵ月で2600円くらい。

高齢者の1割負担なら、1ヵ月260円。
メッチャ安いと思いませんか!

整形外科に掛かっている友人は県外の病院に掛かっているので
同じく8週間分の医療費で、5万円だそうです。
リュウマチの薬で保険が効いてもこの金額でかなり
家計を圧迫している。、旅行、美味しい物を食べるなどできないと
本を読むのが好きで図書館通いをしている。

もう1人腰痛で市内の整形外科に通っている友達は
高齢者の医療費支払いを見ると、ワンコイン診察で
500円玉一枚あれば診察して貰えるし、薬も貰えてしまう。
リハビリだけだと、何十円単位だとか。

高齢者だからと優遇し過ぎじゃないのぉ~?

確かに高齢になると老化で具合悪い所も多くなり
医者に掛かる事も多くなるけど、若くても私や
友人のように薬を手放せない人間もいるんだけど。

私が掛かっている心療内科でも、院内処方をしていた時
私は毎回3000円以上払っていましたが、全く払わず帰る人
数百円で済む人が多く、3000円以上払う人は滅多にいませんでした。

莫大な医療費を少なくするには国民全員2割負担
このくらい大胆なことをやらないと無理な気がします。
というか、私の年代が後期高齢者になったら
1割負担は無くなり2割負担なりそうな気もしますが。

スポンサーリンク




義母はGHに入所していて、医療費、介護保険
使いたい放題している、来年92才になります。

そして私の実母も医療費使い放題しています。
どこか具合悪いと即!医者に行きたがりますから。
内科、整形外科、眼科、皮膚科。

前置きが長くなりました、昨日の続きです。

母が思い付いたこと。

それは、今住んでいる家の家賃が高いので、自分が入院したり
亡くなったら弟はこの家賃では払って行けないだろう。
今からもう少し安い家に引っ越ししたら、弟も払ってそこで
暮らして行けるだろうし、と言い出したのでした。

家賃が高くて引っ越ししたいなら安い所に引っ越ししたらいいと思う。
だけど、今住んでいる家もそうなのだけど、最初は父の名義で借りて
うちの旦那が保証人になった。
それは、父の年金が多くて未払いは無いだろうと思い保証人になった。
父が亡くなった時に名義を母に切り替えする手続きに不動産屋に行った。 
その時も、母の貰う遺族年金なら払って行くだろうし、スーパー
銀行が近くて何かと便利だから引っ越しする必要も無いだろうと
母名義の保証人になった。

だけど、仮に安い所に引っ越ししても、母が亡くなったら
今度は弟名義の手続きになる。
その時、我が家では保証人にはならないよ。
散々迷惑を掛けられてきた事もあるし、払わない可能性がある弟の
保証人になるということは、我が家でその家を借りたと同じ。
例え3万5千円でも、安くて2万5千円だとしても、我が家も
年金暮らし、毎月2万、3万の出費は出来ないからお断りです。

以上のことを母に言った。

あ~~そうか~自分が死んでも、そのまま居られると思ったが
名義変更になるのか、それで保証人にはなれないということか。
それはそうだろう、無理な話だろう。
弟が正月休みで帰省した時に、そういう事を話しておく。

と母が言うので、年齢的にも話をした方が良いと思うよ。
叔母から貰った遺産、大金ではないけど景気よく使わないで
自立する為のお金として残して置くよう言い聞かせたらいいよ
とは言っておいた。

家庭的でない、外面がよく金はあるだけ使ってしまう
そしてお金に困ると母に集るの繰り返し。
私的には一生直らない病気だと思っているけど
母はそう思っていないらしいし、88才、来年早々には
89才になるのに、まだ還暦過ぎた弟の住まいを心配して
安い所に引っ越ししようかと思うと言われた時は
この母にしてこの子あり、ドン引きしてしまいました。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク