昼寝するために遮光カーテンを購入、寝具は昔はダブルベッド、今は真綿敷布団を使用しています。

今まではコタツに大きい座椅子を置いて、そこで眠くなったら
カーテンを引いて寝ていたが、コタツ寝より布団に寝る方が
疲れが取れる、寝心地が良いので布団を敷いて寝る事にした。

そこで気なるのが明るさ。
カーテンが生地は厚いけどオフホワイトなのです。

家の中を白系にするのに凝っていた時代にオフ白にしたのですが
窓2つあるうち、1つは何年も前に旦那から、夏になるとあまりにも早く
目が覚めて駄目だと言われベージュ色の遮光カーテンに替えた。

私の頭の上にあるカーテンを替えずにいたのは
昼寝はコタツ寝をしていたからで、夜はオフ白のカーテンでも
暗くなるので特に不便なく生活していたんですねぇ。

が、ここの所、天気が良い事もあり遮光カーテンとオフ白カーテンを
引いてもあまり暗くならない、眠いのに寝付けないような状態で
楽天からポイントでベージュ色の2級遮光カーテンを買いました。

本日、届いた商品はベージュというよりブラウンに近い色でした。
それが良かったのか、2級遮光カーテンでもかなり暗くなり
ぐっすり3時間近く昼寝していました(^^;
これだけ昼寝をすると気持ちいいです。

これで娘夫婦が買ったベッドなら尚良いんだけどなぁ~と思いました。



結婚した当初はダブルベッドに寝ていたのです。
今でもあるんですね、「フランスベッド」から私の好きな
白いフレームのダブルベッドと布団など一式、30万円近く出して
旦那が購入したのでした。40年前の30万円はかなり高価でした。

今だったら絶対、ダブルベッドで一緒に寝たくない(^^;)
シングルベットを2つくっつけて寝る方を選びますが
昔はそういう発想が無かった(笑)

子供が生まれてから、子供はベビーベッドに寝かせましたが
1才過ぎると一緒に寝たがるので、思い切ってベッドを
旦那の実家に持って行き保管して貰いました。

序に、私が実家で使っていたセミダブルのベッドも
母から、弟の部屋にするから邪魔と言われて
これも旦那の実家に持っていき保管して貰いました。

ところが、預けて2ヵ月くらいで旦那の実家が火災で
全焼してしまいました。旦那からみるとお爺さんが納屋で
薪ストーブを使っていて、そこから出火してしまったのです。
自宅と1メートルくらいしか離れていなかったので
あれれっという間に自宅まで燃え広がってしまいました。
私の実家も貰い火で火災に遭った、夫婦で実家が火災とは珍しいです。

それ以来、ベッドは買っていません。
2つの布団を並べて、娘と添い寝はなかなか良かったです。
息子が産まれると3つ布団を並べて寝ました。
そして今は、布団2つぴったり並べて寝ています。
どんなに広い部屋でも、例えば旅館に行くと
布団を離して敷いてくれるのですが、後からピタッとくっつける。
布団を離して寝ることはないです。

その原因は、若い時に「金縛り」に合うことがあったり
怖い夢を見る事があったり、眠りに入る時に夢か現実か
わからない状態になったりで、すぐ側に旦那がいないと不安でした。
怖い時は、ゴロンと横になって旦那の布団の中に潜り込んでいました。

近頃は、年のせいか?神経が図太くなったのか、金縛りも悪夢も
なくなりましたが、習慣で今も布団をくっつけて寝ています。
f:id:kokoroo:20180418214921j:plain
f:id:kokoroo:20180418214934j:plain
画像 楽天 こんな感じの和布団
で、我が家ではマットレスを使わず、敷布団は固めの羊毛敷布団の上に
昔ながらの真綿の綿入れ和布団を敷いているのです。
綿入れ布団にしたのは、母が具合悪い時、実家に寝泊まりした時に使用した
布団屋から買ったという和布団が凄く気持ち良かったので
私も同じ布団屋から二枚購入したのでした。1枚15000円くらいでした。
これからの時期、天気の良い日はたまに天日干しにすると
太陽の匂いがまた気持ち良いんです(^^)

寝る時と夕ご飯を食べる時だけは一緒。
他の時間は離ればなれになって生活、この距離は良い感じです。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク