お雛様を下見してきましたが、孫関連で息子の親って楽に見えます

本日は晴天なり、孫1号も無事に保育園に登園したので
孫2号と娘と3人で買い物に出掛けてきました。

今、娘が家の中の整理整頓をしています。
断捨離までは行かないけれど、少しづつ不要な物を捨てて
散らかり放題、だらしなく積み上げた服、物など
綺麗に押入れに収納する作業をしているのです。

前回、衣装ケース2箱購入したけど、足りなくて
今回も同じ衣装ケースを2箱と押入れの中に幅を自由に
変えられる棚を買いました。

段ボール箱に入っている、貰った沢山の玩具も
すっきりと収納箱に入れたいところでしたが
予算の関係で、パパさんが給料を貰ってから購入するとのこと。

私はお金は出しません。
一緒に昼食もしましたが、自分の食べた物は自分で支払いです。
今までは、私が出していましたが止めました(^^;)

「いつまでもあると思うな親の金」

お雛様も見に行ってきました。
思った以上に沢山展示されていました。

お雛様も娘の実家が買ってやるか、本人達が買うのが多いようで
息子の親って気軽で良いなぁ~と、つくづく思いました。

産後の世話も娘の実家で面倒を見るケースが多く
当然、我が家も両親が健在で動けるので面倒を見ています。

息子さんの親が孫守りをすることってあるんでしょうか?
同居している親なら当然のようにしているでしょうけど
別居していると、どうしても娘の親に頼むでしょうねぇ。

娘からすれば、頼みやすい、気を使わなくて済む
これが一番でしょう。どんなにできたお姑さんでも
一応、気を使うでしょうしねぇ。

頼られて良い事もあります、孫が懐いてくれること(笑)
孫1号が旦那のことを「ジジ」と呼ぶようになりました。

孫2号はとにかく重たい。
今から抱っこが大変では、これからどーなることか。

全部、孫1号のおさがり。手も足も出ない
着ぐるみ防寒具を着せられた孫2号、男の子みたいに
逞しく凛々しくなっているような( ゚Д゚)
f:id:kokoroo:20180115215233j:plain

旦那もいつまでバイトを続けるかわからないので
お雛様購入以降は、小学校に入るまでクリスマスと
誕生日、正月のお年玉で終わりにすることにしました。

お雛様は置く場所が無いので、小さい雛人形を検討しています。
それでも10万円以上になりますが・・・

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク