旦那と旦那が亡くなった時の話をしました(^^;)

おそらく年末年始の疲れだと思うのだが
金曜日から旦那が、胃の調子が悪い、下痢気味、食欲が無い
というので、月曜日に痔ろうの手術をした外科に行って
内視鏡検査して貰ったら~?と一応言ってみました。

予想通り「内視鏡飲むくらいなら死んだ方がいい」でした。

66年間生きてきて、一度も内視鏡検査をしたことが無いのです。
癌になっていたら、自覚症状が出てかなり具合悪くなってから
医者に掛かる人だろうな~

手遅れになって余命3ヵ月と言われたりして・・・
と言ったら、それでもいいと言うんだから
本人がそれで良いなら、それでいいんじゃないの。
変人だから、こっちもそのように対応するしかないじゃん。

で、ここから旦那が死んだ時の質問をした(笑)

Q 義母より先に逝くことになるけど
義母が亡くなったら喪主は誰がするわけ?

A 義姉でいいだろう、喪主は誰がやっても良いそうだから
義姉にやらせたらいい。

Q その後の墓守りの名義は誰になるの?

A 息子がするだろう。

Q 私は遺族年金で細々と母のように生活するけど
遺族年金生活では邪魔な支払いがある。
それは、あんた名義になっている、山林と畑。
年に数万円の税金は今は旦那がこっそり払っているけど
山林、畑は今の時代、誰も買う人がいない、どころか
タダでもいらないと断られると聞いた。
営林署からも断られ、嫌々相続して年間数万円でも遺族年金の中から
税金は払いたくない、今のうちになんとか処分してくれ

A ・・・・・・・返事無し・・・突然
息子のところに行って暮らしたら良いんじゃないか?

Q 息子の所には友達もいない、都会暮らしは私には向かない
母のように1人で生活したい、だから山林と畑を処分して
税金ゼロにしてから死んでよ。

A・・・・また沈黙・・・

これでお終い。今日は至って体調がよく食欲もあるとか(笑)

しかし、義父も叔父さんも 山林、畑なんか不要だからと
旦那名義にして、旦那が税金を払っている。
こういうのを「負の遺産」と言うんだな、とつくづく思いました。

昔々は林業があったけど、今は木材も輸入が多くなった。
木だしをするのもお金が掛かり、儲けより損するんじゃないかな?

また具合悪いと言った時に、山林と畑を処分してから
死んでくれと言うつもりです((((;゚Д゚))))))) 

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク