母と弟と3人で今後の事など話をした、やはり母の心配は弟です。

昨日娘と孫と4人で実家に行く予定でしたが
娘が風邪気味だったので1人で行ってきました。

正月で弟が帰省している、母も宅配弁当を休んでいるので
晩ご飯に食べるもの、何か買ってきて欲しいと頼まれ
生協からマグロの刺身、煮豆、ほうれん草とモヤシの胡麻和えを
買って行きました。惣菜は生協が薄味で好みです。

3人揃い良い機会なので、今後のことを少し話合いました。

もっと話したいと思っても弟が嫌がる、話を逸らすので
まずは肝心な事を聞いて確認したので良しとしました。

母も1月中には89才になり、段々動きたくなくなったが
何だか長生きしそうだと言っていた(笑)
それでも独り暮らしは、あと1年出来るかどうか自信は無いそうです。

私が孫2人になって多忙になり、母の面倒を見られなくなったことも
大いにあるが、こればっかりは仕方ないし、母も納得している。
優先順位としては、やはり孫になってしまいます。

いずれ有料老人ホームに入りたい。
それがいつになるかはまだ分からないけれど
今以上に動きが悪くなって、自覚したらそうなるとのこと。

普通の有料老人ホームに入れる年金を貰っているので
お金の心配はないのだが、母の心配はやはり弟の事でした。

今、借りている家は家賃が高い。
市内でもかなり良い物件でもある。
母が老人ホームに入ったら、借家から撤去する。

弟では、今の家の家賃を払って生活できないだろうし
我が家でも、弟が借主になった場合保証人にはならない。
弟がどんなアパート、家を借りようとも保証人にはならない。
弟の事では懲りたので、このことはキッチリ言った。

母は老人ホームにせよ、介護施設にせよ
家を撤去する時に、テレビ、テレビ台、コタツ
温風ヒーター、布団、等々生活用品を全部弟に譲りたいそうだ。

私も欲しい物は無い、寧ろ断捨離して捨てているくらいなので
生活用品は全部弟が貰うのが良いと思う。

問題は、その時に生活用品をどこに持って行くのか?でしたが
弟の知人、はっきり書けば、恋人のような友達のような
50代後半の独身女性が、妹さんと2人で住んでいる家の2階が
空き部屋になっているので、当分そのお宅に置かせて貰うそうだ。

私は2、3回顔を見たことがあるが、母は何度も見ているし
私が娘と孫の世話で多忙になり、母の細かい面倒は見られない
と弟に言った時に、その女性に補聴器屋に連れて行ってもらったりした。
それは、弟がその女性にお金を出して頼んでいるそうだ。

但し、年金の引き降ろし、家賃振込みなどお金の事は一再頼みたくないと
母が言うので、私も同意しそれだけは私がやっている。

私としては、母が老人ホームに入ってくれた方が安心だし
週に1回くらい面会に行く程度なら、気持ちも楽になる。

だけど、無理強いはできないので、どのくらい経ったら
母が根を上げるか、母の気持ち、体力、気力待ちです。
年を取るってことは大変なことです。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク