黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

お金のある人、ない人では同じ金額でも金銭感覚が違うと思わされた

3年前に旦那が嘱託も辞めて、完全年金生活になると
買えなくなると思い、4万円の今の時期からもっと
寒くなるまでの間に着るのに丁度良いコートを買った。

私には4万円のコートは高かったが、40万円、400万円
もっと上の4000万円のコートを着ている、持っている人には
「たかが4万円のコート」になるだろう。

お金が有る、無い、ではお金の価値観が違う。

日曜日に実家に行った時、弟が帰省していた。
2月に亡くなった叔母が残してくれた遺産について
弟が母に半分やる、私は弟に使われるから母にはやらないと
喧嘩になったことがあった。

あれから何カ月経ったのだろう。

6月には姉の方の叔母も短期間で亡くなり
従姉妹は実母の残した遺産と叔母の遺産手続きで
多忙だと聞いたので、私はいつでもいいよと言っておいた。

その遺産が先月、入金になった。
弟は母に、半分どころか1/3のお金を渡したそうだ。 
私は弟よりもっと少ない金額を母に渡し
そのうち定期預金にする予定だ。

従姉妹は一人っ子で、実母が亡くなった為
婿養子縁組をした旦那さんと2人で叔母の遺産を貰った。

日曜日に弟から従姉妹の家に印鑑証明を持って行った時の
話を聞いたのが面白かった。

「〇百万ぽっちのお金だからいつでもいいでしょ」と言われたとか。

〇の中の数字は書けないけど(笑)
年収〇百万の人が40%くらい?な感じの金額なので
私には予想もしなかったお金で「棚からぼた餅」の悪くない金額だと思う。

なので、従姉妹のように「○百万円ぽっちのお金」とは表現できないな。

それだけ、従姉妹がお金を持っているということになる。

旦那さまは公務員で専業主婦をしていた従姉妹が
どうして金持ちになったのか。

スポンサーリンク





一人っ子である。 
父親は小さな会社を経営していたが、70才前に亡くなった。
会社を継ぐ跡取りがいないので、会社を閉鎖し
土地を売ったお金が、叔母と従姉妹に入った。
叔父が残した貯蓄が多かった。
弟が言うには、叔父は生命保険が好きで何本も生命保険に入っていた。
60代に癌で亡くなったので、そこそこの生命保険が入った。
1人になった実母と同居をする為に、実母のお金で家を建てた。
叔母は共働きをしていたのと、昔の人の年金は多く遺族年金も多かった。
子供達が大学進学の時に、実母から数千万円の援助を受けた。
それでも足りなくて、毎月10万円を生活費として貰っていた。
公務員だった旦那さんが退職をして退職金が入った。
実母が亡くなり、実母の貯金、生命保険の他に
叔母の遺産も旦那さんと2人で貰った。
他、知らないこともあるだろう。

一人っ子で遺産をきょうだいに分けなくて済む。
全部、自分と母親、あるいは、自分と婿養子になった旦那さんに入る。

こうして、私と同じように公務員の旦那、専業主婦でも
〇百万円ぽっちと言う、金銭感覚になったのだろう。

私は、病気をしたのでフルタイムで働きたくても働けなかったが
少しづつ体調が良くなってきた頃から、短時間の仕事や
内職をしたり、全く働かなかったことはない。
寧ろ、金額は少なくても長い間、仕事はしていたが
それは微々たるものでした。

もし、私が一人っ子だったら
従姉妹程ではないにしろ、そこそこのお金はあっただろう。

両親が、特に母親が愚弟の為に出したお金は
トータル5000万円くらいになるだろう。

それで不思議に思うのは、愚弟にさえお金を出さなければ
火災に遭っても火災保険に付け足しをして、新しく家を
建てられたのに、建てられず借家住まいを続けて
家賃が高くて生活が大変だーーーと言っていることだ。

そして私は、従姉妹の家に行ったり話をすると
自分の弟や両親の不甲斐なさを思い憂鬱になるので
なるべく接触、コンタクトを取らないようにしている。
これは自己防衛だな。

親の遺産できょうだい喧嘩になる場合もあるけど
生活に困っていたり、助けられることもあるので
できれば私も子供達に少しは残したいと思っている。

それには、75才前に病気か事故で亡くなる事。
75才過ぎると、満額保険しか貰えず葬式代で消えてしまう(>_<)

もっと保険に入りたかったのに、パキシルを飲んでいるので
保険に入れなかったのでした。
今、入っている保険はパキシルを飲む前に入った昔の保険だけど
これを大事にする、あるいは、パキシルを止めて70才でも
入れる保険に入るとか、それより節約して貯金だな。
・・・虚しい夜だ・・・・

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク