黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

薬の副作用と独り暮らしの母が重荷になったな~

昨夜、3日振りくらいだろうかお風呂に入った。
ふら付くので簡単にと思ったけど、ゆっくり浸かった。

その後に、腕にツロブテロール2mgを貼ったところ
動悸の副作用が出ました。
副作用の項目に動悸、手のふるえが起こる時もあります
と書いてあったので嫌な予感はしたんです。

もしかして、切迫早産、切迫流産の時に使う薬と似たような
薬じゃないかな?と・・・今なら、ウテメリンとか。

昔、1人目の時に切迫早産で入院した時の点滴。
動悸が酷くて耐えられなかった経験があり
特にパニック障害持ちなので、黙っているのに動悸は凄く嫌なのです。

水泳とかウォーキングなど身体を動かしての動悸とは違う感覚。

テープは早々に取りましたが、動悸はまだ残ってるみたい。
他の薬は副作用はあまり感じない、若干めまいがする程度。

スポンサーリンク




昨日よりは少しづつ良くなったけど
横になった時に、呼吸する度にヒーヒー音がして
痰が絡んだ咳になり疲れるので、なるべく上体を起こして
たまに横になったりしている。

過去2回の風邪とは近い、完璧な病人になった気分(>_<)

旦那とは普段は別々の部屋にいるけど
食事と寝るときだけは一緒に・・・だったのが
同じ家に居て初めてかな?昨夜は別々に寝ました(笑)

旦那が金曜日から月曜日まで連休で良かったです。

今日も、午前中、娘婿さんが仕事なので娘と孫を連れて三人で買い物。
午後から、リキ君を連れて動物病院。
洗濯も干してくれるし、食器も洗っています。

けど、これらっていつもは私がやっていることで
これに日曜日は実家に行くことが加わる。

リキ君は大きい注射3本も打たれたそうで
今日と明日の朝も食事をしない時、動物病院に電話だそうです。


母には今日も電話で行けないと言いました。
思ったより大変な風邪になってしまい
当分行けそうもないかも、母も風邪を引かないように・・・と。

数年前から母が重荷でしたが、いよいよ重荷になりました。
母親自身が、若い時に卵巣嚢腫と盲腸の手術経験はあるけど
その後、来年1月には89才になるのに、50年も入院経験が無いのです。
本人も「自分はなかなか死にそうにない」と言い始めました(笑)
施設に入所しているのなら安心だけど、独り暮らしをしているので
本当になにかといろいろ思う所があります。

私がまだ食欲が無いので、これなら食べられると
昨日はマグロの刺身、今日は鯛の刺身を頼みました。

家計簿はガタガタです、旦那が自分のお金で買い物をする
私もお金を渡したくてもお金がない。
銀行に行って降ろさないと・・だけど銀行まではまだ行けそうもない。

家の中ばかりにいるのも肺に悪いような気がして(?_?)
たまに外に出て深呼吸などしながら、旦那が植えた花を眺めたりしている。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク