黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

歯科医院通い始まる *母と戒名のランクと料金などの話をした

今日は歯科医院に行きました。
上の一番奥歯がたまに痛くなるので予約をしていたのです。

歯科医に去年の8月以来、来ていないと言われてしまいました。
そうでした、歯石取りを延ばし延ばしにしていたのでした。

レントゲン検査で奥歯が小さい虫歯になっているらしい。
まだ風邪が完治していない、たまに咳、くしゃみが出るので
もっと風邪の症状が安定したら、麻酔をして治療しましょう。
と言われたけど、いつになったら完治するかわからないので
早く治療して欲しいと言い、来週金曜日に予約しました。

それと、母から頼まれた夏用のリビングに敷くマットを
買いに行きました。去年まで使っていたマットが汚れたので
クリーニングに出すより買った方が良いと捨てたのでした。

いつまでも冬物を敷いているのも鬱陶しいので
しまむらに行き、2畳のマットを買いました。

敷くのは、来週の月曜日、ヘルパーさんに頼むことにしました。
母一人なので部屋もあまり汚れず、時間が余るみたいなのです。

以下、また葬式ネタですみません。戒名のことです(^^;)

スポンサーリンク




叔母の葬儀の時に、従姉妹から戒名料金20万円払った
と聞かされ、ええっ、曹洞宗って戒名込みで一律
○十万円を住職に支払いじゃなったっけ?

義弟も曹洞宗でお姑さん、お舅さんの葬式の時も
○十万円を住職に支払ったと聞いたし
2月に亡くなったオバの時も○十万円で済んだし
おかしいんじゃないの?

の話になったのだけど、なんと従姉妹は伯母の戒名に
大姉を付けていたのでした。

多分、信士・信女 だと、戒名込みで○十万円で済んだけど
そのうえのランク、大姉をつけたので20万円払ったんだよ。

叔母の旦那さんは60代後半で亡くなったけど
院号 院信士か院居士のどちらかをつけたので
当時で100万円払ったと母に聞いた。

院号を付けてもらうと、後々、寺からの寄付金が高額に
なったりするとも聞いた。
まあ、叔母は金持ちだから良いんだろうけど。

で、実家に行った時、確か祖母も大姉だったはずと思いだして
母と過去帳を見て調べたら、大姉が2人いました。

祖母と昭和2年に亡くなったという全くしらない方。

そこで、母に母が亡くなったら戒名に大姉をつけて貰うと
言ったところ、「死んでからの事はどうでもいいから
お金の掛からないようにしてくれ」と言われた。

が・・・・祖母には父も母も散々苦労されられた。
一家機能不全家族になったのは、祖母の我儘と
根性の悪さのせいでもあり、その祖母が大姉で
母が信女ではあの世に行っても祖母より格下になる。

それは嫌だわ、院号はつけられないが大姉は付けさせて貰う
とハッキリと言っておいた(笑)

あ、オバが少しだけど遺産を残してくれたしネ。

ところが、父の戒名が信士なんだなぁ。
居士にすれば良かったと今頃、後悔している。
あの時は、戒名まで気が回らず、住職の言う通りにしたんだっけ。


しかし、父も母もあんなに苦労させられた祖母に大姉を
つけるとは、お人好しじゃないか?と思った。

豪農に産まれ乳母日傘で育った祖母だが
結婚相手に恵まれず早死にされ
姑に恵まれず極貧生活を余儀なくされた。
それでも昔は、子連れ出戻りはできなかったんだろうなぁ。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク