黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

年金生活では突然の葬祭出費が重荷になる

5月25日から6月24日〆まで現金出費130.400円。

かなり多いけど、これでも叔母の葬儀で使った
香典と花代は別にしている。
旦那のサマージャケットとYシャツも別にしたので
両方入れると20万越えです。

今月は葬儀関係で、私の靴、ネックレス
いつもの美容院、心療内科、耳鼻科に行った。

夏物を買いにしまむらで買い物。
ムサシで熱帯魚関連で、床砂などの買い物。

スーパーでの買い物も多かった。
風邪が原因で、娘宅の食料も一緒に買い物が
何度か有るがお金は貰っていない(笑)

そんなこんなで、やっと黒字になったと喜んでいた
生活費と電気光熱費等々引き出しと引き落としされる
B銀行の通帳がまた赤字になり、マイナス3万円。(>_<)

私が65才になって貰う年金は介護保険を引かれると
多分、1ヵ月5万円くらいじゃないかと推測。

自動的に、旦那の年金にプラスになっていた加給年金が
無くなるので実質年間20万円くらい増えるだけ。

そして、今月のように突然の葬祭費の出費があると
どうしても貯金切り崩しになっていく。

今後、私の父方のきょうだいは全員亡くなったが
母方に叔母が1人90才で健在、従兄弟は密葬にすると
言っていたが現実にならないとわからない。

旦那の方が凄い。義母のきょうだい4人
80代後半から70代半ばまで健在、91才の義母を入れると
5人きょうだいがいる。
他に義父の妹、90才と弟80才が健在である。

私の母、義母を除くと7人の高齢者が健在。

更に、娘婿の祖母が87才で親戚関係になり
私の父が亡くなった時も初七日まで残って頂いたので
こちらもそれ相当の対応になるだろう。

他に四十九日、一周忌に呼ばれることもあるかもしれない。

今年は義父の十三回忌だけど、お寺での合同法事にすることにした。
それでも、諭吉2、3枚は包まないと・・・と思っている。

いやはや・・・いやはや・・・

葬祭費の出費は侮れない、年金で賄えないので
全部貯蓄切り崩しになる。

スポンサーリンク





旦那が、今、アルバイトをしている間に
欲しい物は買ってしまう、と宣言し
耕運機など買っていたけど、年金だけの生活になったら
もう買えないとつくづく思いました(笑)

私もパソコンの買い替え用に貯金をしないと。

ここまで、書いてよく「庶民の生活」と
十把一絡げに言われるけど、よくよく我が家は
下流層じゃないかと思いました。

ブログを回遊すると、庶民でも頻繁に海外旅行に行く方
月に何度、レストランでフルコース頂くのだろう?の方
そういう方々から見れば、1ヵ月20万の現金出費など
屁の河童で他人事なんだろうなぁ。

我が家は夫婦で外食、殆ど無しの生活ですから。

年金だけで暮らせない、暮らすにはなにを節約したら良いのか
等々書いている私など「貧乏人の遠吠え」にしか見えないでしょ。


そういうことで、段々生活費を書くのも恥ずかしくなってきました。
今月で終わりにしようかと思ったりしています。

生活レベルを

上の上(上流階級) 上の中(上流階級)上の下

中の上(中流階級) 中の中 (中流階級)中の下

下の上 下の中  下の下 (貧困、下流層)

この中で、下の上が相当するのではないだろうか。

総務省統計局の家計調査による高齢者世帯の平均貯蓄額は
2385万円以上らしいが、一握りの高所得者が金額を上げているだけで
そんなに持っているわけないでしょ。

我が家は旦那が55才で退職してしまった為、それ以降は
嘱託の給料だけで5年間生活、ここで相当額の退職金が減りました。
60才から少額の年金を貰えるようになりましたが
それでも正社員で働いていた時に比べると年収が半分以下の状態でした。

せめて60才まで働いてくれたらなぁ~と思いますが
旦那が辞めたいと言い出し、反対はできませんでした。
今は借金が無いだけまだマシだと思っています。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク