黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

母と弟の病気は死ぬまで治りません

今日、初めて娘に母とイザコザがあったことを言った。

このまま険悪な状態ではアカンということで
明日、孫を耳鼻科に連れて行き診察を終えた後に
娘、孫、私の三人で実家に顔出しをすることにした。


私ひとりで行くと、また昔のことをほじくり返して
あれしてやった、これしてやった
ああああーー自分はなんと不幸なのだろう
この年をして、長生きし過ぎた・・・等々
くどくど言われるのが嫌なのと、母も曾孫を見たいだろう
娘がクッションの役割を果たすので良いかな~と思った。

明日、3人で行くと電話をすると、大層ご機嫌でした。

珍しいことに、今日は1人で眼科に行ったそうだ。
今までは、私が朝、診察券を出して順番取りをしていたが
今日は順番取りをしていなかったので待ち時間も長かったとは
思うけれど、今まで私が動くことで母は恵まれていたのだ。

1人で来る高齢者は多い。
誰も頼る人がいなければ自分1人で行くしかないのだ。

スポンサーリンク




昔々 バカな弟を母が庇ったこと

※ VHSビデオの時代だから何年前だろう?20年か30年前かな?
弟がビデオを借りて返しに行かない、レンタルビデオ店から何度も催促の
電話が来るけど「わかった」だけで返しに行かない。
1年経って、延滞料金が10万円を超えたと電話があり、母がお金と
ビデオを持って返しに行った。レンタルビデオ店は良心的で
当時、ビデオ1本15.000円くらい、その金額で良いと言ってくれて
借りたビデオ2本分、30.000円ほど、母が支払った。


※運転免許の更新に行かない。無免許運転で捕まり罰金20万円くらい
実家の母が出してやった。その後、再度免許取得する為に
教習所に通うお金、頭金10万円を母が出して弟は教習所に通う。
仮免試験前に追加のお金を支払うので、弟に15万円くらい
現金を持たせたが、借金返済に使ったか、何に使ったか
わからないけど、とにかく使ってしまい教習所に通えなくなった。
当時、弟の借金返済の肩代わりもしていたので、
もうお金は出せなくなり今もって弟は免許無しで生活している。

我が家も子供達にお金が掛かっていた時期なので
貸してくれとは言えないし、そもそも我が家でも弟にお金を
貸して返済して貰えなくてとても困っていました。

※ 母に銀行のカードを貸してくれと言い、バカな母はカードを渡した。
ある日、電気料金の引き落としが出来ないと通知が来て
銀行に残高があるはず、変だと、私と母で銀行に行く。
通帳記帳をすると何処で降ろしたか分かるそうだ。
少し待っていると、「ちょっと別室へ」と案内された。
モニターがあって「この方が降ろしているのですが」と言われて
モニターを見ると弟の姿があった。
この時、全部のカードの暗証番号を変えました。

もっとあるけど止めます(>_<)

とにかく、信用できない、泥棒を家に置いていると同じ
カードを渡す母も母で呆れてしまいました。

今日、娘と話をした時も
電話で逆切れして、別れた自分の息子が墓守りするだの
自分の葬式をするだの、私の娘、息子に迷惑は掛けないと
啖呵を切っていたけど、その時にならないとわからない。

果たして別れた息子と交流しているのか?
弟が死んでも拒否される可能性も大いに有りで
やはり、保険として私が費用を子供達に残して置くべきと思った。
なので、叔母の遺産は全額頂いて、近くにいる娘に託そうと思う。

何年か前に、母に私と弟は本当の姉弟か?と聞いたことがある。
否定していたし、血液型が同じAB型なので姉弟なんだろうけど
性格も顔も全然似ていないのです。

他に、弟はなんらかの発達障害があるのでは?と思う時がありますが
母の弟擁護、弟のいい加減な性格、2人は死ぬまで治りません。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク