黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

正論で諭されるのが辛い時がある

f:id:kokoroo:20170510205314j:plain
心療内科に掛かる前は内科に掛かり抗不安薬など
パニック障害の薬を貰っていた。

新しくSSRIを処方された時、死にたくなるような副作用が出て
内科医に生きていくのが辛い、蒸発してどこかに行きたいと
話したことがある。

その時、内科医は所詮内科医で

あなたより大変な生活をしている人も沢山いる。
戦争で死んでいった人達は生きたくても生きられなかった。
みんな頑張って生きているのだから
あなたも今まで頑張って生きてきた
これからも頑張って前向きに、自分が恵まれていることを
考えて生きなきゃ駄目だよ

とかなんとか、正論で慰め励ましてくれた。

正論には反論できない。
なんたって正論だから。

7~8年もまえのこと、7才年上の人から

*お金と時間も無く体調に不安もあり海外旅行など一度も行ったことがない。
 海外旅行に行ける人達が羨ましい。

正論 

あなたは海外には行けなくても自分で歩ける足がある。
車も運転できて自分の好きな所に行けるじゃないか。
お金が無いと言っても、路上生活しているわけでもない、ちゃんと
着る物を買い、食べる物を食べて、北朝鮮で暮らしている人達よりは
ずーっと恵まれた生活をしているじゃないか。

*若い時から病気で満足に働けなかった、今でも医者通いは欠かせない
 年を取っても元気で動ける人が羨ましい。

正論

若い時から病気でも、その年まで生きているじゃないか。
若くして病気、交通事故で亡くなる人もいる。
そういう人達に比べたら恵まれているじゃないか。

*旦那の愚痴を言う

正論

なにいってんの、あなたがそうしていられるのは
旦那さんのお蔭でしょ! 旦那さんに感謝しなさい!
f:id:kokoroo:20170510205351j:plain

スポンサーリンク





とにかく、なんでもかんでも正論で言われるのは辛い物がある。
反論できないからだ。まるで「聖人」からの箴言のようだ。


私は戦争で亡くなった人や北朝鮮で暮らしている人達と
比べられるものなのか?

自分は自分の小さい世界の中で苦しんでいるのだ。
世の中の私よりもっと大変な生活をしている人達全員と比べて

「私はもっと恵まれている」「人を羨むなかれ」と問い質されるのか。
 
自分なりに精一杯の努力をしてそれでも思い通りにならない生き方に
悶々としている時に、上から目線でお説教地味たことを言われる。

そんな偉そうな人とは付き合いきれんわ

友達を止めることにしたきっかけは
慰めの言葉も励ましの言葉もなく
ただただ、正論で諭される日々が続いたこと。

他の3人も自然とフェードアウトしていき
私だけが残っていたけど、もう無理でした。


彼女が病気になって思うように動けなくなったら
私の気持ちも少しは理解できるだろうと思った。


先日、スーパーで買い物カートに身体を預けるように
片足を引きずって歩いている彼女をチラッと見た。

そうか、あんなに元気に動き回っていたけど
自転車にも乗れなくなって旦那さんの車に乗せてもらい
買い物に来たんだな・・・相変わらず75キロはありそうな体型。

たまに「痩せた方がいいよ、そのままだと
足腰立たなくなって歩けなくなるよ」と、やんわり言っていたけど

「うん、いいの、毎日歩いているからそのうち痩せるでしょ」

何かと正論で私を口撃してきたけど、歩いても
食べてる量が多くては痩せなかったんだろうな。
他人に厳しく自分に甘いとはこういうことか。

また何か言われそうで近寄りたくなかったので
黙って遠回りをして離れた・・・( ゚Д゚)

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク