黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

70才以上の高齢者はMT限定にしたらいいかもね(暴論ですが)

血糖値検査器は買ったけど滅多に測らなくなった。
数値は食後2時間で180前後、境界型糖尿病レベルだけど
最近は食べたい時に大好きなアイスクリーム、チョコレート
たまに菓子パンも、間食をしていることが多くなっている。

全然運動もせず、元々運動、動くのが嫌いで
身体に悪い事ばーっかりしているようだ。

食べたいものを食べて、なるべく速やかに死にたい。

旦那の知り合いが76才で亡くなったそうで、旦那が
「76才で亡くなるのは早いなぁ」と言っていたけど
男性の平均寿命より2、3年早いだけじゃん。

叔父など、膵臓癌で68才で亡くなっているけど
叔父本人は自分が癌であることも知っていたし
昔なら人生60年と言い、太く短くいろいろ準備万端にして
亡くなっていった。

私の父親の兄も脳腫瘍で62才で亡くなっている。
生きていたら100才くらいになるんじゃないの?

一体何才まで生きたら亡くなるのが早いと言われないのだろうか。

90才過ぎだろうか。


義姉と旦那、義弟が大喧嘩するきっかけのような手紙を思い出す。

今から、5年半ほど前の寒い日でした。

*住み慣れた我が家で環境を変えずに生活をさせてあげたい
*介護を必要とする年齢にきています。
*旅たちの準備をしていることを感じてほしい。

このような事が書かれていたけど、義姉の思い通りにならず。
義姉自身、介護が出来ないとグループホームに入れた。

旅立ちの準備、既に5年半も準備しているけど、まだまだ元気で
あと5年くらいは旅立ちの準備しているんじゃないかな~(笑)

「私が介護します」から「私が看取ります」に変わったけど(笑)
面会に来るのも年々少なくなり、今は年に3回くらいだろうか。

大喧嘩した頃は義姉も、今の私より若く元気だったけど
68才くらいにはなっているはずで、あと2年経つと70才。
いくら元気だからと言っても、高齢者だよ・・・

義母にはたまーーに面会に行くくらいで
手が掛からないので、好きなだけ生きたらいいよ。

スポンサーリンク




数年前から高齢者の運転事故が多い。

アクセルとブレーキの踏み間違いが多いのだろうと推測。
AT車が普及する前は、こーーんな事故はあまり無かったはず。

マニュアル車だと、両足使うのとクラッチを離すと
ガクンと車が止まるから踏み間違えで暴走は無かったなぁ。

AT車は楽で、ドラッグストアに行った時
運転席から杖を付いた高齢者が出てきた時はビックリしたけど
両手と右足が動いて視力が良ければ運転はできる。

あれだな、70才以上の高齢者はマニュアル車に乗る
これくらい厳しくしないと90才になっても運転しているだろうな。

で、私も12、13年前まではマニュアル車に乗っていたし
旦那の軽トラはマニュアル車だけど、今は運転できるかな??

マニュアル車に全く乗らなかった人よりは
練習すれば出来るとは思います。
坂道発進とか運転は難しかったけど慣れると特に不便は無いし
アクセルとブレーキを踏み間違えるってことは無いでしょ。

それに、今の高齢者は昔はMT車に乗っていた人達が多い。
教習所に2週間くらい通えばMT車には慣れるでしょうね。

寧ろ、今の若い人達の方がMT車に乗れないんじゃないかな(笑)

両足が上手く動かなくなり、ギア操作もぎごちなくなって
マニュアル車が運転できなくなったら免許返上かな。

高齢になって事故って若い人に怪我、最悪死亡などは
非常に辛いものがある。

免許返上の代わりに、タクシー利用の補助は必要になります。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク