読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

ブログ村 雑感

去年か今年初め頃まではブログ村のランキングが面白くて
1日1回、自分でポチしていましたが、ここのところ
なんだか忙しい日が続いたりでブログ村のことを
すっかり忘れていました(^^;)

当然自分でポチすることも無くなり
ということは、ブログ村にいくことも無いということで
ランキングそのものにも興味が無くなってます。

ブログ村が出来たのは、何年前なんでしょうねぇ。
私が知っている限りでは、ブログというものが登場してからなので
15年くらい前でしょうか? 
広告料が入るとはいえ、登録無料で維持してくれるところが凄いです。


ブログが登場する前は、レンタル日記、掲示板で書いていました。

ブログを始めた当初「トラバック」という仕組みがあり
これがなかなか理解できなくて、トラバック来ることはあっても
自分でトラバックすることは無かったです。
今もトラバック機能はあるのですが、あまり使う人いないみたいですね。

ブログを始めたら取りあえずアクセス確保に「ブログ村に登録」です。
ゼロから始めた時にブログ村に登録はかなり良いと思っています。

昔はカテゴリも少なくて選ぶのも簡単でしたが
今は数えきれないほどのカテゴリーで選ぶのも大変です。

私もはてなに引っ越しした当初はパニック障害のカテゴリにしましたが
書ききった時点で「60代」のカテゴリに参加しました。
がーーー!年代がすぐわかるというデメリットと
70才になったら70代カテゴリに移動か、60代に居座るか
今、68、69才だったら少しは考えるかも(笑)

スポンサーリンク





ブログ村ランキングで訳分からないのが

IN と OUT との違い。

自分のブログのバナーをクリックすると出てくる画面が
ブログ村デフォルト画面で INポイント画面になります。

すると、今日の私のブログは24位で週間INが830と表示されています。

有難いことです、一週間に830回誰か彼かポチしてくれるんです。
週間OUTは23960でした

次にOUTポイントをクリックすると、ビックリ!!
12位になっていました!!

すぐ上の11位の方が、私が今書いていることと
同じようなことを書いていそうです(^^;)
ブログ村の人気ランキングのINポイント」のタイトル。
文章読んだけどちょっとわかりませんでした。
ブログも読者になって継続して読まないとわからないことがありますね。


ブログ村のデフォルト画面が何故INなのかなぁ?
普通にアクセス数のOUTをデフォルト画面にすればいいのに
と思うのですが、そこらへんがブログ村の不思議なところです。

でへへ、OUTとINのランキングがあまりにも違うので
ちょっとぼやいてみました(笑)

以下ブログ村より
IN (入る): あなたのブログ→ブログ村へ入るクリック
OUT(出る): ブログ村→あなたのブログへ出るクリック
当日を含めて最新7日間(1週間)のIN/OUTポイントを集計し表示しています。
ご自分でのOUTは一日に一クリックまでしかOUTポイントには反映されません。


ともかく、一時期は面白かったけど元々はランキングに興味が無い。
もう一個のブログがメインなので、60代カテゴリに参加されている方々の
ブログを読む事もなく、上位の方のアクセス数、INのポイントなど見ると
とてもじゃないが、このブログは10位内に入ることはないだろう。
特にINポイントなど24位だし(笑)

24時間パソコンに張り付いていることもできないし
できるわけもないので、はてなブログの読者登録をしている方の
投稿を読むのと、好きな皇室関係を読むので精一杯な状況です。

書くのは好きなので読むと書くのでは違います(⌒∇⌒)


読者登録している方が、ブログ村からのアクセスは少ないと
書いていたので、今しがた見たところ、確かにブログ村より
ブックマークの方が多いです。
それでもブログ村から訪問して頂けるのは有難いことです。
たいしたことを書いている訳でもないブログですから。

でも、福原愛ちゃんのことを書いた時はアクセス多かったなぁ(笑)

他に皇室の事を知って欲しくてたまにここにも書いています。

皇室関係は各個人の考え方の違いもあり難しい話題でもあり
たまーーーに「通りすがり」などの名前で
非難、批判コメントもありますが、殆ど気にしないです(^^;)

もうひとつのブログ「これでいいのだ日記part2」
http://koredeii.com/
(リンクしているので良かったら見てくださいね)

批判、反論コメントも全部承認することにしています。
非公開コメントは受け付けない、このブログも勿論同じ姿勢です。
但し、スパム、荒らしははじかれます。

ということで、皇室に無関心な方々にも読んで欲しい
宣伝のような(^^;) ブログ村雑感記事でした。

スポンサーリンク