読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

愛子さまの拒食症は危険水域だそうです

皇室

皇太子の長文に渡る誕生日会見内容は
もう読む気がしなくなりました。
どなたかが書いた作文をただ読んだだけでしょう。


女性週刊誌の女性セブンでは
愛子様の激痩せを「拒食症の危険水域」
と称して記事が書かれています。

2016年7月 痩せてきれいになったと言っていた時です。
まさかこの後どんどん痩せていくとは想像できませんでした。
f:id:kokoroo:20170224222101j:plain

2016年8月 山の日の愛子さま 少し痩せたような
f:id:kokoroo:20170224222226j:plain

2016年12月1日 愛子様15才の誕生日。
あまりにも痩せて初めての衝撃を受けたのでした。
f:id:kokoroo:20170224222439j:plain

2017年1月1日 新年の挨拶に向かう愛子様
f:id:kokoroo:20170224222559p:plain

2017年2月23日 ここまで痩せてしまい衝撃を受けました。
f:id:kokoroo:20170224222712j:plain

f:id:kokoroo:20170224222818j:plain

スポンサーリンク




愛子さまの生活ぶりは長期欠席以前と変わらない程度まで
戻ってきているように見える一方で、愛子さまの登校風景からは
むしろさらに体重が落ちているのではないかと感じてしまうほどだ。
これに警鐘を鳴らすのは、精神科医の片田珠美氏だ。

「愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、
拒食症といっていい状態だと思われます。

そういった患者の多くは、やせている状態が心地いい、
美しいと思い込んでいることが多いんです。
場合によっては命の危険があるにもかかわらず
その危険性を認識することができない」

また、雅子さまの札幌訪問取りやめが発表されたのは
2月10日のことで、取りやめの理由が

雅子様の御体調、気温が低い中での公務には無理があり
2泊という日程も負担が大きいとのことでした。

ですが、実はその日、愛子さまが学校を欠席されたのです。

風邪の予兆があり、特に大きな症状はないものの
体調不良を訴えられたそうです。

それから数時間後に、雅子さまの札幌訪問取りやめが
発表された。宮内庁は関係ないと強調しましたが
親心に娘を心配するのは当然の事ですし、まして愛子様
激やせの状態にあるわけですから」(皇室ジャーナリスト)


高等科進学の手続き書類は2月中に提出します。
中略
愛子様は1ヵ月半の欠席もあり出席数が他の生徒と比べて
圧倒的に少ない。もちろんそれだけで高校進学が
即不可ということにはなりませんが、普通の生徒なら
父母が呼び出されて面談などが行われる
イエローカードの状態といえるでしょう。
雅子様の胸中に「もうこれ以上学校は休まされない」という
思いもよぎったのではないでしょうか。だから北海道行きを
取りやめてでも愛子様のおそばにいることを
選ばれたのかもしれません(学習院関係者)


雅子様愛子様の体調不良を理由に、宿泊を伴った
公務を欠席したのはこれで2回目です。

宮内庁は10月20日、皇太子妃雅子さまが21~23日にご夫妻で
予定していた岩手県訪問を取りやめられると発表した。

9月26日から体調不良で学校を欠席されている長女愛子さまの
看病や、公務の疲れが出ており、医師団が2泊3日の地方訪問は
難しいと判断したという。皇太子さまは予定通り岩手県を訪れ
「第16回全国障害者スポーツ大会」の開会式などに臨まれる。



愛子さまは一ヶ月半学校をお休みしました。
そして、愛子さまの誕生日映像と画像を見て
夏ごろから、また痩せていた愛子さまの姿に衝撃を受けます。

新年映像、画像、今回の皇太子の誕生日映像と画像や
週刊誌の隠し撮り登校状態に、ウルトラ衝撃を受けたのでした。


あの、雅子様アゲアゲのコメントをする
精神科医香山リカさんでさえ、
愛子様は拒食症」とコメントされています。

愛子様はまだ子供で、大人、両親が本気になって
病気に取り組まないと命に関わる、大変なことになるのでは?と
私もかなり心配をしています。

高校進学も大事ですが、それよりも身体が大事

日本の、天皇皇后両陛下の孫である愛子さまが
適切な治療しないまま、この状態から更に痩せてしまうのでは?
と、悪い方へと考えが行ってしまいます。

スポンサーリンク