黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

憂鬱と不運

まったく・・・
昨日からの憂鬱が納まらないどころか
更に憂鬱になっている。


9時過ぎ、母の白内障手術のことで眼科に電話をした。

母を診察したのが副院長で、紹介状は院長の診察をしないと
駄目なので、後日改めて院長から診察し紹介状を書いて貰うように

との返事でした。

そこで母に電話をする。

今週は整形外科に行ったり忙しいので
来週火曜日に眼科に行くことになったが
耳が遠いので(補聴器をかけても聴き辛くなった)
院長の話を聞くのに付き添いしなければならない。

朝から順番取りをして、母を迎えに行き
診察に付き添い、母を家まで送って帰宅。


あーーーーーーー面倒くさい。


紹介状をもらったら、早めに病院に行かなねばならない。
母は一人では行けないと言うので、病院も付き添いする。


母を迎えに行って、どのくらい時間が掛かるかわからないけど
眼科の診察を終えたら、また母を送り届けて帰宅。

病院通いが何回になるかわからないけど
とにかく、母が思いついたことを実行するには
私が動くことになる
・・・・

これは今まで何度もブログに書いてきた。

スポンサーリンク





今回はかなり憂鬱です。

冬期間で疲れが溜まる時期でもあるし
年々疲れやすくなっている。


自分の体調もいまいちなのに、更に母のことをやらねばならない。

これ、経験した人じゃないとわからないだろうな。


父親を60代、母親を70代前半で亡くした友人Aさんに
私が母と世間話したり一緒に買い物に連れて行くことが
羨ましいと言われたけれど、

私は寧ろ、Aさんの方が羨ましいと思うようになった。

舅姑両親を亡くして自由時間はたっぷり。
Aさんも体調の悪い人で、スーパーでたまに会うぐらい
もっぱら電話で話をしているのだが
多分、血圧が高い、動悸がする、クラクラする
たまに胃の具合が悪い、車の運転は私より出来ない
ストレスに弱い、運動も嫌い、出掛けるのも億劫

こういうAさん、果たして私のように動けるんだろうか。

表面だけ、母と世間話、母を連れて買い物
これを見て電話で聞いて「羨ましい」それだけなんだと思う。


ここ数カ月はほぼ毎日のように、ナロンエースを飲んでいる。
左肩から頭痛がする、頭が重たい等々
それでも動かなければならなくて動いている。

本当に憂鬱だ。 

母のあれしたい、これしたいにもウンザリしてきた。

加えて、私って人はつくづく運が悪い。



先週買った血糖値検査器が不良品で
検査紙を入れてもエラー続きで検査できない。


薬局が土日休みだったので、今日値検査器を持って
薬局にいってきた。

メーカーでは、滅多にないことらしくて
薬局の人が電話して説明し交換するまで時間の掛かる事。


薬局の試験紙でもエラーが出るんだから不良品でしょ。
さっさと交換してくれよ~~ったく・・・

滅多にないことに自分が当たる不運(>_<)

もう一個のブログに○○の悪口を書いて憂さ晴らし((((゚Д゚))))


これからまたナロンエース飲んで寝るか、韓ドラ見るか
韓ドラ観てから寝るとするか。

労働者の皆様、すみません。
これからグータラさせていただきます。

スポンサーリンク