黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

JASRAC音楽教室にまで著作権料徴収に怒り!

JASRAC著作権料徴収方針めぐり、音楽教室側「法廷闘争も視野に」

JASRACが、全国の音楽教室に対し、指導や練習で使用される楽曲の「演奏権」として
著作権料を求めていることを受け、ヤマハや河合音楽製作所など、7団体が対応を協議した。
ヤマハは、「あくまで教育目的で、聞かせる目的ではない」として
演奏権は及ばないと反発している。
一方、JASRACは「不特定多数の人から営利目的で授業料を取っている」
などとして、理解を求めていく考え。

今は休んでいるけど(辞めると寂しいしそのうち復活するだろうからと
わたしが育休の理由でお休み中ということらしいwww 確かにまた通いたい
気持ちは大いにあります)

ヤマハ音楽教室に9年近く通いお世話になった私としては
JASRACの言い分は全く不当で納得できるものではありません!!

スポンサーリンク




老後の趣味としてピアノを習っていたのですが
私の性格では独学ではとても弾けなかった。


続けられなかったピアノを下手で進歩はないけど弾けるようになった
これは「演奏を聴かせる為」でなく趣味とボケ防止のレッスンでした。

嫌々ながら発表会に出て聴かせたことはありますが、わたしの
あんな演奏は聴かせられる方が迷惑で雑音と同じでした(笑)


2才~3才の幼児が歌から始まってエレクトーン、ピアノを
覚えていく過程も同じ教室で見ていました。

学校で音楽の時間で教える事には限界があります。
ピアノを弾きたくても先生は教えてくれません。


実際に楽譜を見て弾けるようになるには、講師から
手取り足取り丁寧に教えてもらい弾けるようになる。

そこから、世界に通用するピアニストやミュージシャンが出たりすると
そういうことをJASRACは考えないのでしょうね。

ただただお金、お金の団体になっていき、音楽という芸術を
理解できない、相当頭の変な人達が集まった団体のようです。

前々からJASRAC著作権著作権とうるさくて嫌いでした。

それと、習う時に楽譜、教本を買います。
これに著作権など含まれているのではないですか?


音楽教室には誰かに聴かせる為にだけ習いに来るわけでなく
楽しみ、趣味のひとつとして習いに来る人達
特に中高年は趣味で習っているんですよ。

音楽教室から著作権を取るとレッスン代が高くなり
益々ピアノレッスン再開の道が遠くなります。

進歩が遅いけどこのくらい弾けるようになったのも
教室に通ったお蔭です。興味のある方聴いてください^^;
「君といつまでも」こうやって演奏してYouTubeにあげるのも著作権侵害になるのかな?