黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

気が弱くなってきた母

1月7日から体調を壊し、食欲も無くなっていた母も
だいぶ良くなって普通に食事が取れるようになった。


それでも、今回の下血、腹痛、食欲不振で
かなり身体の衰えを感じたらしく

「自分のことも自分でやれないことが多くなった」

「まさか、自分がこの年まで生きるとは思わなかった」

「父ちゃん(私の父親のこと)みたいに長患いはしたくない」

「たまに自分がどんな死に方をするのか、と思う事がある」

等々言うようになり、それも以前は明るく言っていたのが
最近は暗い表情で言うようになりかなり気弱になっています。


母親を引き取って一緒に暮らせれば良いのだけど
それは母親が固辞するのは分かっている。


どうしても一人で生活できない、生活するのが嫌になったら
有料老人ホームに入ったらどうか?

母の貰っている年金なら、そこそこ良いところに入れるのでは? 
一度見学に行った市内にある老人ホーム
ああいうところだったら、個室にテレビ、仏壇、他
自分の必要な物を持ち込めるし、個室にはトイレも付いていた。

そこから、デイサービスに通うこともできるし
食事の心配も無い、年寄り同士の話も出来るし
誰とでも合わせていける母なら大丈夫なのでは?

と、話をしている。

今、冬だから、正月過ぎから体調を壊したから
気弱になっているけど、春になったら元気になるかな。

それでも、老化は確実に進んでいる。
母が一番よくわかっているだろう。

スポンサーリンク




孫、子供と同居しているお年寄りが全員良いとは限らないのは
いろんなところから、いろんな話を聞いたりするからで

年寄りだけ一人個室で食事をしているとか
話題に着いて行けないので家族に無視されているとか
年を取って家事炊事ができなくなったら邪魔者扱いされているとか

様々なお年寄りがいて

母の場合は一人でのんびりマイペースでの暮らしに慣れた
今の状態がベストなのだとは思う。

が、いかんせん高齢者の場合、身体の老化が早く
一年でかなり老化してしまうのだ。


私からは言わないが、母が「もう駄目だ」と根をあげたら
直ぐには空きが出ないだろうけど
ケアマネに相談して母に合うところを探そう。


母の気晴らしも兼ねて、娘と孫と三人で実家に行った。
お昼はまたうどんを作り三人で食べた。

母にとっても曾孫は可愛くて可愛くて
ずーっと見てても飽きないと言っていた。

ズリズリハイハイ、つかまり立ち、2本生えた歯など
沢山面白い事を見せてくれる。
いつもニコニコとよく笑う機嫌のよい子です^^

7ヵ月半でつかまり立ち、あまり長く立っていると
足が短くなるのでは?と心配しています(笑)
f:id:kokoroo:20170129211323j:plain

昨日撮った写真を数枚、Wordで画像貼り付けして
A4サイズのプリント用紙に印刷し持って行き
写真フレームに入れてきた。

今週も火曜日、木曜日に実家に行く予定。

スポンサーリンク