読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

憂鬱モード突入

f:id:kokoroo:20170112215527j:plain

今日は冷えて天気も悪かった。

相変わらず左肩の鈍痛があるけど今のところ生活に支障なし。

今日はホーマックに行き、缶タイプのドックフード、洗剤
シャンプーなど生活用品の買い物に行った。

シャンプーも洗剤も「3.5回用」とか大きいパックを購入している。
買う時はちょっと高いと思うけどかなりお得だと思う。

母はまだ
「たまにお腹がキリキリする、何もやる気がない」とのことで、
柔らかい食べ物、レトルトのお粥を買ってきて欲しいと言われた。
序に〇○菓子店に行って、仏壇に供える菓子も買ってきてほしいとか。

これで、ホーマックだけの買い物から
スーパー、菓子店と動く事が追加された。


腸の悪い人が食べられる柔らかい惣菜など
そうそうスーパーに売っているはずがない。


かといって、私も家で作って持って行く気力も無くなった。

15日日曜日は補聴器の調子が悪いので
補聴器屋に行きたいとも言っていた。


母が動く=私も動く 


段々疲れてきた。

スポンサーリンク





この状態が暫く続くのなら、よくなるまで
ショートスティに行って静養してくれないかな~と思ったので
母に話をすると、意外に乗り気だったのでケアマネに電話をした。

答えは駄目でした。
病人はショートスティが利用できないそうです。
内科の先生に相談して入院するなど聞いたらどうか?と言われた。


母の今の状態では、内科でも市立病院に回して
入院までやってくれそうもない。

たまにお腹がキリキリと痛む、何もやりたくない、気力が無い
この程度では無理なのがわかる。


ケアマネに、今、宅配しているところが
柔らかい惣菜も出しているので聞いてみたら?と言われたので
惣菜店に電話をした。

若干、値段は高くなるが、ソフト食を刻んだ弁当に変える事にした。

これで、母の食事のことは一件落着した。


他にやる気がないのは病気だし仕方ないでしょう。
医者にも言われたように、温かくして休んでいること。


母のような高齢者でも、普段元気な人が病気になり
今までできたこと、食べてきたことが出来なくなると
治るまでの期間を寝て過ごすとか、普段と同じ食事ができないことに
イライラするようで、我慢することが苦痛で我儘になるようです。


昨日のように、私が子守りと母の医者通いの付き添いが
だぶっても、付き添うのが当然のように考え
買い物、雑用もやるものだと思っている様子が伺えました。


弟が帰省していた正月、一体どんな食事していたんだよ~
普段食べないもの、消化の悪い物は食べなかったか?と聞くと

「なにもこれといって特別なものは食べていない」と
うやむやな答えしか返ってこない。


では、29日から5日まで8日間も弟がいて疲れたのでは?
なーーんにもしない弟だから、おそらく食器も洗わなかっただろうし
そもそも、普段居ない人が居るだけでも疲れるものだし。


1月7日から体調を悪くしたということは、正月疲れ
これしかないでしょ。

去年の12月30日の頭が爆発から一転、憂鬱モードに突入した。

早めに寝よう。

スポンサーリンク