読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

一年間も孫の世話はできない、無理と言った

家族のこと 憂鬱なこと

f:id:kokoroo:20161016213923p:plain

昨夜は娘の旦那さんが16日の釣り大会の為、友人と夜釣りに出掛け
孫の入浴は朝にするとのこと。


まだ風呂に入る前の連絡だったので、娘宅に行って
私と孫が浴槽に一緒に入り身体を洗うのは娘がやった。


生後4ヵ月の乳児と一緒に浴槽に入れたのは
滅多に経験できないことでとても楽しかった。

今日も娘夫婦が釣り大会の審査会場に行っている間
4時間くらい孫守りをした。

孫はどんどん大きくなっていく。


目も良く見えるようになったらしく
生後2、3ヵ月のように簡単に寝ないし
ミルクも遊びながら、あちこちキョロキョロしてみたり
笑ってみたりと真面目に飲まなくなった。


目の中に入れても痛くないほどに可愛い。


るーは6月生れなので、平成30年から保育園に入れて
平成29年の4月、娘が仕事復帰した後は私に
面倒を見て欲しいと言われ、私も承諾した。

スポンサーリンク





来年の4月にはるーは10ヵ月になる。
離乳食作り、ハイハイから立ち上がり、そのうち歩きはじめ
目が離せない状況になる。一番大変な時期だ。

昨日は母が通う施設に行き、今日は母が必要な買い物をして
1時半頃に帰宅した。


近頃は、母の老化も進み、自分自身も同じように年を取り
孫育てと実家通いを両立することは無理だと痛感した。

f:id:kokoroo:20161016213711p:plain

私も来年は63才になる。
午前8時半~午後6時半頃まで10時間、孫の世話をしながらの生活は
無理、できない、3日で根を上げる、あるいは倒れるか。

加えて、旦那が頼まれたら4月以降もアルバイトを続けると言う。
2人ならなんとか・・・と思ったけど1人では尚更無理だと察した。


私の考えが甘かった。疲れやすくなっているし
とても来春から孫を見る事はできないと旦那にこぼした。

旦那から
「孫の世話ができない代わりに金銭的援助をする」と
相談して来いと言われ、娘宅に行って相談した。

年齢的なこと、疲れやすい、実家通いをしている
るーは可愛いけど、大変な時期に入るので面倒をみる自信が無い。


保育園への送迎、医者に連れて行く、
休日仕事だった場合の面倒などは協力できる。
習い事をさせたければ、その送迎もできる。


このようなことを言ったら、来春から保育園に入れるとの返事でした。

早速、市役所のサイトから申し込み、職場に提出する用紙をダウンロードし印刷。
明日、職場に行って提出すると言ってくれた。

10月31日が申し込み期限なので、のんびりしていられないのでした。


これで少し肩の荷が降りたけど、
次、希望する家から一番近い保育園に入られるかどうか、それが心配だ。

金銭的援助の金額はまだ決めていない。
貯金から切り崩しか旦那がアルバイトした
お金から出すかそれも決めていない。

金銭的援助、そこまでしなくても・・・と思われるかもしれないけど
0歳児の保育料が高い! 1年間だけの援助になる。


また書くわ。

高齢出産のデメリットは親も高齢になること。

スポンサーリンク