読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

長生きして欲しいと思いつつ母が重たい 

憂鬱なこと 今日のつぶやき

f:id:kokoroo:20160831081108j:plain

独り暮らしの母は87才、来年早々には88才。

デイサービス、ヘルパー冬期間週に2回、それ以外は週に1回の利用。
食事は今年から夕食だけ宅配サービスにしている。

年々老化している母が独り暮らしできるのも
ボケないで頭がしっかりしていることや
上記の他に、私が週に2、3回通っているのも大いに有る。

細かい事、例えば昨日は補聴器の電池が割引きと補聴器の点検の日で
案内の葉書きを持って買いに連れて行く日でした。

ところが、体調が悪くて連れて行きたくても
億劫で億劫で断りました。

自分が元気な時はさほど気にならない事が体調が悪くなると
母親の存在がとても重たく感じるようになりました。


父親の体調が悪くなり、実家の両親に関わるようになって
かれこれ8年くらいになります。


やはり病気持ちは駄目ですね。

8年のうちに、私自身も年を取りパワーも無くなってきました。

母が独り暮らしに見切りをつけて、老人ホームにでも入所してくれると
私の気持ちと身体の負担もかなり少なくなると思うのですが
母には母の気持ちがあるので、無理強いはできません。

私に「倒れられると困る」といつも言うのですが
その割にはあれこれ用事が出てきて動かざるを得ません。

今週の木曜日は入れ歯を作り直しているので
また歯科医院に連れて行きます。

暑い時期に入れ歯が合わなくて歯茎が痛いと言い出したので
仕方ないです、予約して早々に連れて行き明日で5回目です。

ついでに私も歯石取りをしてもらいました。


旦那はもうじき無職になって家に居るようになるし
実家の母親は年々老化して益々手が掛かるようになるだろうし
娘夫婦からは、0才児で保育園に預けるのが可哀想だから
一年間孫を見てくれないかな~と言われています。
孫は可愛いけど毎日見るとなると・・・自信が無いです。

考えただけで寝込みそうです。
蒸発したくなります。

スポンサーリンク