黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

義母のグループホーム移転でまた喧嘩です(呆れる)

姉弟喧嘩で大騒ぎ 8

書くとモヤモヤがとれてスッキリするので書いています(笑)
自分の為の愚痴書き放題ストレス発散場所ですね(笑)


車で30分くらいにある隣町のグループホームに入所した義母は
顔色も良くなり、施設の職員もよくしてくれて
明るい雰囲気の施設に義弟夫婦、私達も満足していました。

入所料は義母の年金で間に合うのも良かったです。

ところが、4ヵ月くらいした時に、義姉が第一志望だった
グループホームに空きが出たと言って移すことにしたのです。

理由は市内から車で10分くらいで近い、
叔母さんの家に近いから、が理由でした。

義弟がその施設を見に行った時から、狭い、施設が
今までより窓が少なく暗い、と気に入らない様子でしたが
義姉は叔母さんから車を借りて第一志望の施設に入居してしまいました。

その時、旦那の了解も必要とのことで呼び出され
旦那は仕方ないと渋々了解したと言ってました。


認知症が少しづつでも進んでいた義母はまた環境が変わり
慣れない職員、入居している人達の中で悲しくなり
泣くことが多くなりました。

義弟夫婦や私達が面会に行くと、前施設では言わなかった
「家に帰りたい」「こんなところで死にたくない」と
キッチンテーブルに顔を伏せて泣き始めるのです。

偶然、義弟夫婦と一緒になった時は、このままでは義母が可哀想だと
義弟が義姉にメールをすると、
「それは病気だから仕方ない」との返事でした。

この時から、旦那より母親思いの義弟は義姉に対して
益々不満を募らせていきました。

そして、今まで義姉が帰省していた時は5万円を出していたけど
今は、介護もしていない、家に連れて行き外泊させるのも
介護のうちに入らない、自分が会いたいから来るのだろうから
旅費、食費は出せないと言い始めました。


また、最初に入所したグループホームに戻したいとも言い
自分で交渉に行きましたが、義姉の了解、移転したグループホームの了解と
姉弟間の不和を解消してからでないと移転は出来ないと言われました。

義姉の了解も無理、「姉弟間の不和」これは益々ヒートアップしていたので
無理だと察し、今も入所しているグループホームの代表者に
もっと母親に声かけや目を掛けてくれるように頼みに行きました。

そして、私達夫婦と義弟夫婦がマメに施設に行くことにしました。

やはり、放置されているお年寄りと家族がマメに行くお年寄りでは
施設の職員も気の使い方が違うのでしょうか。


気晴らしに叔母の家に連れて行き、迎えに行った時は
熱を出して急患で市立病院に連れて行ったり、何度も書きますが
やっぱり地元に居る者が動くことになるのです。

冬期間になる前に、義姉が面会に来た時から
義姉と義弟の猛喧嘩が一年くらい続きました(^^ゞ

まず、義姉がいつもの隠し場所に5万円が置かれていないので
旅費とレンタカー代、スーパーでの買い物の領収書を
実家のテーブルの上に置いて行きました(笑)

それを受けて、義弟がメールで
介護ではない、面会だから金は出せない
レシートを見ると、酒、お土産代まで入っている
母親の金で飲み食いするのは理解できないから出しません

このようなメールを出しました。

次に義姉から、母親の通帳の詳細を見たいから
見せてくれるようにメールがきたので
通帳をコピーして施設のお便りも同封し
我が家でライトパックで送りました。

ところが、封も切らずに送り返してきたのです。

「なんですかこれは、受け取りません。
貴男たちは母親の貯金、家があるからと
親孝行のふりをしているだけです」
このような張り紙をつけていました。

もう我が家では面倒くさいから、旅費だけでも出したら?と
義弟に言いましたが、義弟は頑として受けつけません。

それから、義弟と義姉と間で罵詈雑言のメールのやり取りでした。
義弟の奥さんが、あまりにも酷いと手紙を書いて送りましたが
それも開封せずに送り返し
「姉弟間の問題に関わるな」と書かれていたそうです。

次に、義弟がメールと電話の拒否設定をしました。
すると、葉書で義姉から

「通帳を見せられない、なにか訳でもあるのか
今度行った時は、通帳と印鑑を渡してもらいます。
あなたは警察の゜お世話になるかもしれませんよ」

とかなんとか、書いて送ってきたのでした。

それに対しても、無視すればいいのに
義弟はまた抗議のメールでした。メールを見せられたけど
アホらしいやり取りでした。

私ならもっと賢い返事をやれると思いました(笑)

がーー!! 何通目かの葉書きに、私の悪口も書かれていました。

このようになったのは、自分が大嫌いな嫁と貴男(義弟)のせいです。
人の好い弟(旦那)をたぶらかし言いくるめてこのようになったのです。

こんな感じの葉書きにあったまに来て、さすがに抗議のハガキを
出そうかと思いましたが、止めました。

勝手に3人でやってくれーー
心底関わりたくなかったのです。

次回は通帳、印鑑を渡せ、渡せないの喧嘩になります(笑)


スポンサーリンク