黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

今日泳いできました、パニック障害から泳げるようになるまで

今日、水曜日は母がデイサービスに行き旦那は仕事。
私が本当に自由な時間を持てるのは水曜日だけかも。

午後から思い切って市民プールに行ってきました。

パニック障害なのに泳げるのか?
水が怖くないのか?

パキシルを飲む前までは怖かった。
海に行っても膝までしか入れなかったし
酷い時はお風呂に入るのも怖くて
やーーっと胸の辺りまで入って
そそくさと身体を洗い浴室から出てきた。

かなり酷いパニック障害だった私が
今は水深140㎝くらいのプールで泳いでいるのです。


投薬で不安感が無くなり、夏、試しに海に入ってみたいと
旦那に言い、平日のあまり人がいない時に
遠浅の岩で囲まれた海水浴場に行きました。


水着はネットから、浮袋とビーチサンダルは
量販店で購入し、おそるおそる海に入った。

眩暈も動悸もしない!大丈夫じゃないか!
海、水って気持ちいい~~!!

それが始まりでした。

記念に旦那に撮ってもらった画像がありました(笑)
恥ずかしいので一枚だけ。2003年8月1日の日付でした。
この頃はまだ体重も50キロ前後のはず。

パニック障害になる前は、頭を出して蛙泳ぎ20mくらい泳げたし
海も好きで友達と海水浴にも行きました。

なので「顔を水に着けるのも怖い」人ではなかったのです。

4年間位、毎年夏になると5回くらい海水浴に行きました。
行っても1時間くらいでしたが。

止めたのは、日焼けが酷くて色黒になり
シミそばかすが大量に出来たからでした。

そんな時、水泳の得意な友人にプールに誘われました。
日焼けしない、市内なので簡単に行ける

良いかもしれない・・と一緒に行きました。

この時、私もクロール、背泳ぎ、平泳ぎで泳げるようになりたいと思いました。

最初は背浮きの練習をしましたが、それ以上の進歩無しで
会員制のジムに通い「水泳初心者コース」に参加しました。

ストリームラインとビート板を使っての基礎練習をしましたが
父親心筋梗塞と肺炎で1ヵ月入院したのです。
マダラボケが有り、入院した病院から夜間の付き添いをするように言われ
母と交代で付き添いが始まり、ジムを続けられなくなり退会しました。


その後、本とネット動画で7ヵ月くらい掛かりましたが
背泳ぎを覚えました。


その次、クロールと思いましたが息継ぎが難しくて
とても独学では無理、講師に付いて覚えたいと
市民プールの水泳コースに入会しました。

ところが、これまた父の具合が悪く
老老介護をしていた母も大変になり介護施設に入所
その後、自宅に居た時から患っていた床ずれの手術で
病院に入院、誤嚥性肺炎になり亡くなるまで入院でした。

病院通いが始まりプールに通う時間が無くてまたしても退会。


父が亡くなった後、1人で時間のある時に市民プールに通い
本とネット動画を頭に入れながらクロールの練習。

半年くらいで息継ぎができるようになりました。

未だにクロールは25mしか泳げませんが
背泳ぎはどのくらい泳げるかわかりません。
ターンできないので・・^^;

去年辺りから、ゆっくり楽に泳げるクロール
下の動画の方のような泳ぎを練習しています。
これだとかなり楽で息切れも少なくて気持ち良いんです。

今日、思い切ってプールに行ったお蔭で、またプールに行こうとの
気力が出てきました^^

肩凝り、身体が重たいなどの症状も改善されるし、程よい疲れ。
何と言っても「浮く」「泳ぐ」のが好きで癒し効果もあるのです。