読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

ポーの一族 最新作を読みたい!

月刊flowers 7月号 ポーの一族 萩尾望都 最新作「春の夢」

f:id:kokoroo:20160723095607j:plain

予約しておけば良かったーーー(T_T)

気付いた時は売り切れ。
そもそも月刊flowers事体そんなに数多く置かれていない本屋。

もう8月号が置かれている時点でアウト!

ヤフオクでも2.500円くらいになり
人の弱みに付け込んで開始価格5.000円までいる状態。

Amazonも同じ、中古で2.880円より!だもの。

そこで、AmazonKindle版 589円で発売している本にしようかどうか迷っている。

私としては、ひっくり返って
紙面ペラペラめくりながら
ゆっくり読みたい・・・のだが・・・
Kindle版の589円で我慢するか
ヤフオクに参戦するか、思案橋ブルース状態。

他に保存の仕方が悪く劣化が激しい
ポーの一族全5巻を購入したい気持ちの少し有り。

この本には強い思い入れがあり
パニック障害で辛かった時の盛りに読んで

あーーー私もポーの一族になりたい
と憧れたものでした。

トム・クルーズ、ブラッド・ビッドが出た映画
「インタビュー・ウィズ・バンパイヤ」は

アン・ライスによる小説『夜明けのヴァンパイア』の映画化作品と
ウィキに書かれているけど、私が見る限りでは
ポーの一族」そのまんまの場面も多かったのです。

時系列では、ほぼ同時期なのでパクったのかどうかはわからないまま。

とにかく共通点が多い映画でした。

スポンサーリンク