黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

健康な若い人がブログ収入で生活は賛成できない

今週は実家の母の事で忙しかった。

今朝も母が眼科に行くので診察の順番取りをしてきました(笑)
明日はデイサービスに行くのでのんびりできそうです。


私はこの「はてなブログ」に来てから
自分がブログ界??の中で「井の中の蛙」だったのだと実感しています。

偶然と言いますか、検索で読者登録させていただいています
だいちゃん.comさん
www.xn--n8jvce0l6c.com
アドセンスの貼り方の質問をして
多忙の中、とても親切なお答えを頂きました。

だいちゃん.comさんのブログで初めて
「やぎブロさん」「イケダハヤトさん」など
ブログで生活をしている、ブログ飯とか、はてなから追い出されるとか^^;
そういうことを知りました。

この、はてなブログの世界はすざまじいものだな・・・と(笑)


今まで使っていたブログはブログで生活している人が
使うブログじゃなかったんだな~とつくづく思いました。
ちなみにエキサイトブログです。


私自身は、過激な事はあまり書けませんし
ブログで生活するほどアクセスを稼ごうという気力、体力もありません。

年寄りに時間を取っているので自由時間もあまり無いのも現実です。


ただ、私の子供達がブログで生活をする手段を選ぶとしたら
大反対するでしょう


2人の子供がいます。 
娘は38才で既婚、地元に住んで共働きをしています。

息子は35才、独身で神奈川県でSEの仕事をしています。

2人共お蔭様で健康です。

娘も息子もよく言われる就職氷河期に就職しました。
今より就職が大変な時代でした。


息子は大学を卒業後、関東の一部上場企業にSEとして採用され
7年間、仕事によって新宿まで通い、自宅には寝に帰るような
生活をしてきました。 なので、貯金をするというより
お金を使う暇があまりなくて「自然とお金が貯まっていた」状態だったそうです。



その息子から、仕事が変わり別の部署に配置された
上司と合わない、顔を見るのも嫌だ、会社に行きたくない
憂鬱だ、会社を辞めたい、とメールが来ました。

これは大変だ、鬱病になってまで仕事をする必要はない
地元に帰っておいで~~とメール、電話をしました。

職場では、仕事を辞める前に助手を付けたり
面接をしたり、いろいろ工夫してくれましたが
息子は心療内科に行き「鬱状態」の診断書を提出して
早々に辞めてしまいました。


それから、3年間地元に帰っても仕事は無いと言い
本屋でアルバイトをしながら生活を続けていました。


貯金を切り崩すことなく生活できたそうです。


私たち親は、あまり仕事、仕事とせかすことはしませんでした。



ある日、近況報告として、娘がなかなか子供が出来ない
不妊治療をすることになり毎月病院に通って
投薬、注射などの治療を始めた事を息子にメールしました。

すると、息子は「※※子(娘の名前)も頑張っているから
自分も仕事探し、頑張る」との返信メールがきました。


それから4ヵ月後くらいでしょうか。

あんなにSEはもうやりたくないと言っていたのに

「SEの仕事に逆戻りした、再就職して2ヵ月になる。
今回の職場は規模は小さいけど、仕事仲間の感じも良いよ」

とメールが来て、私たちはホッとしたのでした。


私たち夫婦は小心者なのか、ギャンブルも嫌いだし
とにかく真面目にコツコツと働くことを選びたい人種です。


ブログで生活できたとしても、年金はどうしているのだろう?
国民年金よりは厚生年金を掛けていた方が老後は良いに決まっている。


国民健康保険は掛けているのだろうか?と他人事ながら
そんな心配をしてしまうのです^^;


とはいえ、他人様のことですから、私があーだこーだ言えるはずもなく
ただ、自分の子供、特に息子がブログで生活をするような状態だったら
大反対、派遣でもなんでも良いから、厚生年金のある仕事に就けー!!
ブログ収入は副収入、小遣いだと思ってやれーー!!と言う事間違いなしです。

起業も大反対です。
それで弟が失敗して、私たち夫婦、親、大迷惑を被りましたから。

スポンサーリンク