黄昏日記

年金生活に怯えるおばさんです。可愛い物がすきです。

1ヵ月検診を終えて、娘とこれからの話をした。

今日は旦那が休みでした。
やはり旦那がいるといないではかなり違いました。

今日は孫1号を耳鼻科に連れて行ったのですが
かなり楽で1人ではもう無理、行く気にならないです。

中耳炎になっていると言われたので、来週にまた診察に行くのですが
予約は旦那が休みの来週の土曜日にしてもらいました。
耳鼻科の後は保育園に送って行きましたが、これも旦那がいたので楽でした。

やはり65歳過ぎているとはいえ男性の力は結構あるので
天気が悪かったこともあり、ずっと孫を抱っこしてくれました
おかげで私も楽に耳鼻科と保育園の送り迎えができました。

その後、娘宅に行き沐浴の手伝いをした後に今後のことを少し話しました。
来週辺りからそろそろ家事炊事、買い物などをする。
27日から孫の保育園の送迎は娘がやることになりました。
私はその間、孫2号の子守をすることにしました。

どんどん寒くなるし、孫2号をチャイルドシートに乗せ
抱っこ紐をしての保育園送り迎えは娘と孫2号の2人が可哀想です。

動いて大変な孫1号よりは孫2号の方が軽いし
動かないので子守は超楽です。

宅配弁当もいつまで続けるのか、もし続けるとしても我が家でお金を出すのは
良くて今年いっぱい、来年からは自分たちで弁当を頼むか自分で作るか
それは娘とパパさんと相談をして決めて欲しいと言いました。
旦那がアルバイトをしているけど、一応年金生活ですから。

私もこれでようやく心身ともに楽になりますが、全く手伝いをしない
というわけではなく、やはり私でできることなら手伝ってやりたいと思っています。
今日の孫2号、4週間で3350gから4200gまで順調に体重が増えて
身体も異常なしでホッとしました。

f:id:kokoroo:20171118215427j:plain

スポンサーリンク




年子なので今の状態を見てもかなり大変です。
年齢差1才4ヵ月では、動く赤ちゃんと動かない赤ちゃん
2人居ると同じで、動く方にも手が掛かり
これは本当に経験しないと分からないのですが大変です。

甘やかしていると思われるかもしれませんが
一番怖いのが娘が産後鬱になることです。
1人で家事育児を抱え込んで体力的にも精神的にも無理をして
体を壊すこと、これがやっぱり怖いです。
特に娘は40才に限りなく近い高齢出産なので、私も心配と用心をしています。
なのでやはり手伝えるだけは手伝ってやりたいと思いました。

今日のお昼は娘がパパさんが買ってきたパンがたくさんあるというので
私と旦那は生協から買ってきた弁当でお昼を済ませました(^^;)

その後、実家の母から頼まれていた、喪中葉書きの作成をしました。
喪中葉書きがボチボチと届いています。

仕方ないので、嫌々ながらでしたが作りました。
その後眠くなったので1時間くらい昼寝をして
その後保育園に行き、娘宅に行って夕食を作り
パパさんが帰ってくるまで孫と遊びました。

孫と遊ぶのは私にとっては結構面白いし楽しいことではあります。
特に孫1号はお茶目なところがあり、顔も可愛いし表情が豊かで
孫バカと言われそうですが、とにかく可愛い。
今のところ女の子より可愛いです(^^;)

孫1号は可哀想なところもあるのです。
パパが大好きだとはいえ、ママにも甘えたい年でもあるのに
ママがお腹が大きくなってからは、抱っこも控えていたし
ママが赤ちゃんを抱っこしてると、遠慮してるようなところもあるので
娘には手が空いた時はなるべく孫1号と触れ合うように言っておきました。
娘もそのことはかなり気を使ってはいるようです。

とにかく、旦那が休みで保育園の送迎の手伝いをしてくれたこと
昼寝をしたこと、この2点はかなり疲れない要素だなと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク